DLsite専売

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

美シク咲クの1作目から約3年後。どこかあどけなさを感じさせていた妻達は今……。
第一夫人として家を、そして旦那様を支える凛とした女性へ成長した『絹華』。
素直で真っ直ぐな性格はかわらずとも、落ち着いた大人の女性となった『政』。
さらに情熱的に……、艶やかな魅力を放つ『翡翠』。
新たに妻となった、世間知らずの箱入り娘『寧』。

そして、旦那様に忠実に仕えるメイドの『凪』にも心の変化が――
妻達に愛される『美シク咲ク七色ノ薔薇 本編』と物語が動く『夕凪の詩』を収録。

■こだわりポイント■===============================
《1》ボイスはノイマンKU100で収録!
柔らかい音と、リアルな距離感を再現。音質がさらにクリアに。
《2》録り下ろしの効果音沢山!
ちょっとした効果音から、環境音まで録り下ろしの効果音をいっぱい!
《3》掛け合いいっぱい!
日常会話から、耳かき、えっちなシーン……。
ヒロイン達と本当にお話している気分に♪
《4》たっぷり耳舐め!
通常の耳舐めから、両耳舐めなど耳舐めに特化したシーンを多く制作。
===================================================

■本編(約 2時間)
00_旅館到着(全年齢) 03:30
温泉旅館で休暇を過ごす事となった旦那様と妻達。
旦那様の日ごろの疲れを取るために、一致団結し……?

01_政のヘッドスパ(癒し) 24:49
長旅の疲れを癒す為、丁寧にヘッドマッサージを。
(ブラッシング/オイルマッサージ/シャンプー/トリートメント等)

02_ご休憩(癒し) 05:49
お風呂上りの休憩タイム。次のメニューの合間に?
(お茶タイム/うちわでパタパタ)

03_絹華&寧の癒し耳かき(癒し) 38:46
涼んだ後の極上のお耳掃除。
(耳マッサージ/耳かき/綿棒/梵天/クリーム/その他)

04_寧の黒魔術……?(成人向け/CG有り) 25:40
(キス/媚薬/耳舐め/フェラ)

05_翡翠&絹華の朝のご奉仕(成人向け/CG有り) 19:25
(ダブルフェラ/両耳舐め/オナホ)

■夕凪の詩(約 36分)
06_恋占いのお相手は?(全年齢) 07:01
07_きっかけの言葉(全年齢) 11:01
08_黄昏に光る宝石の雨(全年齢/テーマ曲) 05:30
09_台所の秘め事(成人向け/CG有り) 12:56

■おまけ
CG3枚+パッケージイラスト

■アップデート情報
テーマ曲を追加予定です。
おまけトークを追加予定です。
※時期に関してはツイッター等で告知いたします。

■ キャスト
絹華 かの仔《@kanoko46》
政(まさ) 天知遥《@__amachi》
翡翠 伊ヶ崎綾香《@ayakaigasaki》
凪 藍沢夏癒《@aizawa_nachu》
寧 汐路美晴《@miharun_0315》

特設【http://sirokuma-ayaka.info/2017_c92_mimiyome2.html

◆◇◆制作◆◇◆
イラスト:わにら《http://www.pixiv.net/member.php?id=9170336
背景イラスト:株式会社クリープ
収録協力:スタジオ秘密基地
編集協力/作詞/作曲:s_e_beat+江川宗一郎《http://sebeat.net/
企画/シナリオ/効果音制作/その他:シロクマの嫁《http://sirokuma-ayaka.info/

前作からのヒロイン

美シク咲ク七色ノ薔薇~夕凪の詩~ [シロクマの嫁]

幼少の頃より、貴方の嫁となるため花嫁修業をしてきた。由緒正しき家のお嬢様。
普段はとてもしっかりしている反面、実はドジっ娘という噂も。
奥様の中で、怒ると一番怖い。

美シク咲ク七色ノ薔薇~夕凪の詩~ [シロクマの嫁]

武家の家柄の娘。明るく真っ直ぐな性格で、何でも挑戦したがる。
元々気が強く、自分より強い相手としか結婚しない!と豪語していたが、主人公に助けられ嫁ぐことに。

美シク咲ク七色ノ薔薇~夕凪の詩~ [シロクマの嫁]

異国の名門貴族の出身だが、戦争に巻き込まれ亡命した過去がある。
主人公と出会う前は酒場の看板娘として働いていた。
情熱的な性格で、一番のやきもち焼き。

美シク咲ク七色ノ薔薇~夕凪の詩~ [シロクマの嫁]

若いけれど頼りになるお屋敷のメイドさん。
家事、炊事、耳かきと何でも完璧にこなしている。
とっても努力家で、日々の勉強は怠らない。

今作からのヒロイン

美シク咲ク七色ノ薔薇~夕凪の詩~ [シロクマの嫁]

裕福な商家の箱入り娘。
とても大事にされて育ったため、かなり我侭な一面も。
占いを得意としており、他の奥さんたちを毎日うらなったりしている。
現在の奥さん達のなかでは最年少。

 

 

 

注意事項

バージョンアップに関しましては予定事項となります。
ディーエルサイトコムがこれを保証するものではありません。
現段階の作品内容にご了承を頂いた上でご購入下さい。

美シク咲ク七色ノ薔薇~夕凪の詩~の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「美シク咲ク七色ノ薔薇~夕凪の詩~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

おすすめ!圧倒的

2018年07月06日  

このレビューは参考になった×0人

前作の続編!!
やはりシロクマクオリティ!!
価格も内容も豊富ですばらしい

前作と同じで、サイドストーリーもあり楽しみが多いです
また、今作では1人女性が増え、さらにいろんなバリエーションがあって楽しめます。
エロ要素は前作よりもすくないかな?っとは思いますが
本編5番目は、とてもエロくてよかったですっ

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

質、量ともにヨシ

2018年07月04日  

このレビューは参考になった×0人

このサークルさんはSEやBGMが高品質であることが特徴ですが、それに加えてこの声優さんの多さ、そしてもちろんクオリティだって落としておりません。一切の妥協なし!これから応援して行きたくなるような作品です
シロクマの嫁の最初の一本としてもってこいの作品だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!前作と合わせて購入どうでしょうか

2018年06月19日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

前作が素晴らしい物でしたので、続けて購入しました。
前作からヒロインが1人増えています。
増えたからといって各キャラが死んでしまうということはありませんでした。

内容や音のクオリティーは変わらず、とても高いです。
ハーレム作品でたまにある、同時に喋りかけられて騒がしいということもなく、よく作られていると思います。

サイドストーリーではメイドの凪さんといちゃいちゃできますので、そちらもおすすめです。
今回もテーマ曲が素晴らしいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ハーレム

2018年06月08日  

このレビューは参考になった×0人

美少女に囲まれてのハーレム状態。まさに至福で絶頂のひと時。
耳かきシーンなどはまさに「奉仕」してもらっていると言う感覚になれて大変に気分が良い。
ハーレムであることを生かした2人同時のシチュエーションが盛り込まれていたのも良い。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

贅の極み

2018年06月05日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

これ一本で全て満たせる、オールインワンの作品です。

健全癒しあり、R18要素あり、キャストも超豪華と、死角ゼロです。値段も相まって、オールタイムベストアルバム(三枚組)ぐらいのお得感です。

前作を聞いていた方が楽しめますが、こっちの方がお買い得感もあるので、こちらから入るのも全然ありかと思いますよ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

芸術

2018年06月01日  

このレビューは参考になった×0人

前作「翡翠の羽」から機材も新しくなり、音がより鮮明で滑らかになりました。

本編第5トラックの両耳責めは必聴です。

また、このシリーズに共通して言えることですが、
テーマ曲のクオリティがとにかく高いです。

翡翠の一瞬の心情を見事に切り取っています。
美しい。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]