同人 > 黒輪舞曲 > 銀翼天使メイ > 銀翼天使メイ-エピソードI-

DLsite専売

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年07月21日
シリーズ名銀翼天使メイ
作家 ヤミヨ
シナリオ ヤミヨ
イラスト YU-RI
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

本シリーズは「天使の力を宿した変身ヒロインが、醜悪な怪物との戦いの果てに、その身を穢されていく」をテーマにした、オリジナル変身ヒロイン陵辱ノベル本になります。

シリーズ第一弾となる本作品では、変身ヒロインである少女が、豚型の怪人にその身を嬲られ、クンニを中心とした羞恥プレイをメインに取り扱っています。

挿絵はオールカラー、文章は1ページ、2段構成の表紙裏表紙込み(表紙裏込み)の34ページとなっております。

小説:ヤミヨ
イラスト:YU-RI

※サンプルでは実際の挿絵に本文の一部を抜粋したものを使っております。本製品では、イラストに文字は入っておりませんのでご了承ください。

登場人物

銀翼天使メイ-エピソードI- [黒輪舞曲]

Name:銀翼天使メイ
ラーバに襲われた綾香の前に現れた謎の少女。
自身を銀翼天使と名乗り、その背中には天使の力を宿した証である銀色の翼を持っている。
気丈な態度と気品のある振る舞いが目立ち、巨大な怪物相手にも臆さない強い意志を持っているが、その戦いぶりはどこか危なっかしく、未熟な一面が伺える。

銀翼天使メイ-エピソードI- [黒輪舞曲]

Name:水無月綾香
近隣でも有名な進学校、私立大曽根学園に通う女学生。
学園では成績優秀で、運動神経もいい。
そのうえ、母親は水無月病院の院長でもある非の打ち所のないお嬢様。
しかし、その優秀さが原因で、日々の日常に倦怠を感じ、その人生に暗い影を落としている。

 

 

作品情報/動作環境

作品番号
RJ203226
ファイル名/ファイル容量
RJ203226.zip / 62.61MB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「銀翼天使メイ-エピソードI-」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

変身ヒロイン(2)

おすすめ!変身ヒロイン定番凌辱

2017年09月17日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

戦う変身ヒロインが雑魚っぽい敵につかまって凌辱されてしまうノベルス。今回は豚の姿をした怪人につかまってクンニ責めをされた挙句犯されてしまいます。豚という醜い感じの敵に可憐なヒロインが汚されていく描写が素晴らしいですね。今後の展開にも期待したいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

これからの展開が楽しみ

2017年07月22日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

変身ヒロインに拘って創作されている作家の新たなるシリーズ、ということらしい。この手の作品のツボは良く押さえられているし、キャラクターデザインも"らしい"要素を追及し、ストレートに可憐な少女ヒロインを描き出していると思う。
 話的にもHシーン的にもまだまだ序盤と言ったところか。いかにも横道な変身ヒロインの活躍を描きながら、視点人物をヒロイン以外に置くことによって状況を謎めかせてストーリーへの興味を深めて、今後の展開の広がりを期待させる。その手際はなかなかに良い。一方、エロシーン的にはオーソドックスすぎるようにも思えて、もう少し弾けた異常性が欲しい所ではあるが、ヒロインの羞恥は上手く描けていたのではないだろうか。個人的には、まあ、バトルでのピンチの方が興奮したな、みたいなところはあったのだが……。
 何はともあれ、導入としては充分。後は、どのようにこの話を広げてゆくのか、どれぐらいのペースで続きが出てくるのか、様々な意味で興味をそそられる作品なのである。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]