同人 > にーきゅー > 霊装神姫イリュシオン > 霊装神姫イリュシオン~漆黒に堕ちた紅~

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

前作『霊装神姫イリュシオン~漆黒に染まる蒼~』の後編、完結編になります。

触手、ふたなり、ボテ腹などが含まれております。
また、前編と話の繋がりがありますので、ご注意ください。

■基本CG12枚 本編80枚 新立ち絵1種
■画像サイズ 【縦1600×横1331】、【横1600×縦1331】
■ファイル形式【JPEG】

作品情報/動作環境

作品番号
RJ202942
ファイル名/ファイル容量
RJ202942.zip / 257.9MB

霊装神姫イリュシオン~漆黒に堕ちた紅~の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「霊装神姫イリュシオン~漆黒に堕ちた紅~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

完結

2018年01月07日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

内容は前作の続きなので、前作を読んでいないとかなり唐突な始まり方なので注意です。
前作同様のむっちり感と精神を抉る責めは大変良いです。
青が堕ちてる状態なので女×女が始まっているのも最高です。
連鎖堕ち良いですね。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

蒼が堕ち、朱も堕ちていく…

2017年12月06日  

このレビューは参考になった×0人

待望のシリーズ後編!

キャラクター紹介や全編のあらすじが一切なく、すぐに後編(前編の終了直後)が始まるので、これ単体ですとキャラの関係などで楽しみにくいのかなと思います。

前作のメインであった葵が堕ちてからは、かつての仲間であり彼女でもあった朱音をこれでもかと虐め抜いており、その様子は朱音に劣っているというコンプレックスの裏返しが悪堕ちして解放されたのではないかと思え、恐ろしくもありゾクゾクとしながら興奮もさせられます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!待ち望んだ続編

2017年12月03日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!続編待ってました

2017年11月29日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!正義の一切を壊される悪堕ち。

2017年11月29日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

前作の直後から始まり、紅の娘が蒼い悪堕ち娘にヤられちゃう。紅ヒロインは奮闘をし、気高き変身ヒロインの快楽に流されまいとする健気さが楽しめる。何より、仲間以上の感情を抱く相棒に対する切ない思いが良いアクセントを生み、やりきれなさも堪らない調味料となっている。インナーのツヤテカエロス感もお気に入りである。
一方で、蒼ヒロインは思う存分悪女役を発揮している。言葉責め、嘲弄する、的確な淫靡調教と、「あの葵がこんなになっているなんて」という驚きを朱音とともに味わえる。前作を知っているとその印象は当然強まり、ギャップによるエロさが倍増する。ただでさえ裏切りの背徳があるのに、この徹底ぶりは清々しいほどで、特にかつての相棒への冷淡さ・敵対心はゾクゾクする。

悪堕ちまでの過程と、悪堕ちの暴走っぷり以上の魅力を本作は持っている。個人的にこのシリーズが格別の官能美を持っている理由として、舌先の表現を指摘したい。快楽に耐えられず、唾液とともに口から零れ落ちているのだが、ほぼ差分ごとに変化している。この逐一動く舌先の躍動が、快楽に浸りきっている内面を想像させ、ヒロインたちの淫らさを底上げしていると思われる。
この意見があっているかどうか確認してもらうためにも、ぜひ本作と前作を併せて読んでいただきたい。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

よい

2017年11月29日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

前作とセットで同時購入しました。
単体でも十分悪堕ちものとして楽しめますが、やはり2作続けてみるとそれだけ堕とされるまでの過程が存分に楽しめるのでやはり両方見るのをオススメします。

こちらの方はすんでのところで屈しない子をかつての仲間が攻め抜き落として行くそんな感じがすばらしかった。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]