同人 > 四八楼 > 大好きな先生の前でディルドを落とした金髪褐色ギャルの話。

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■ あらすじ ■

―― その日姫野みゆは、人生最大の失態を犯してしまった……しかし ――


 日直当番の朝。

「姫野っ」

 下駄箱に、早起きした私を労うように先生の優しい声が響いた。
 私は先生の事が好きで好きでたまんない。それはもうほぼ毎晩と言っていいほどに先生の事を
想ってオナニーにふけってるほど。
 もうこの私のことを呼ぶ声だけで、今晩も……イケる。

「いつも遅刻ばかりだったのに偉いぞ……!」

 朝の先生とのやりとりがこんなに幸せなら、毎日でも早起きしようかな。

「私はやれば出来る子だから、絶対先生のいい奥さんになると思うよ? どう? 彼女もいなく
て欲求不満になんない?」

 と、詰め寄ってみました。
 すると先生はいつものように「またその話か……」と可愛い困り顔をしてくれたんだけど、私
はもうちょっと先生の困ったところが見たいなって思って

『なんだったら私が――!!』

 その瞬間先生は「続きは言わせない」というような感じで、私の頭をトンと軽く叩きました。


ポトッ……


 それと同時に私のスカートの中……から……? 床に――トロッと湿った――――


「ッッ!?」


 それは昨晩お世話になったディルドでした。

 抜き忘れ……て?
 私はテンパり直ぐにそれを拾い上げ、その場を一目散に離れ誰も来なそうな体育館倉庫に逃げ
込、そして一息ついた後――ふと

(あれ? 先生の横通り過ぎた時、先生おち○ち○膨らんで……なかった?)
 
 そんなことを悶々と考えていると、私のおま○こはちょっとずつむずむずしてきて――


『オナニー…したい……ッ』
 

 早朝の体育館倉庫、私は下着の中にゆっくりと手を忍ばせて――

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■ 収録内容 ■
本編     : 26 枚

色味差分   : 52 枚
テキスト無し : 78 枚
おまけ    : 6 枚
(表紙1枚 + サンプル画像3枚 + サムネイル1枚 + 立ち絵1枚)

総枚数    : 162 枚


■ 画像情報 ■
1438px × 2000px
(横 × 縦)
拡張子 : jpg

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

作品情報/動作環境

作品番号
RJ201414
ファイル名/ファイル容量
RJ201414.zip / 331.75MB (347868332Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「大好きな先生の前でディルドを落とした金髪褐色ギャルの話。」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件