同人 > 青豆腐 > センノウ・フミナ

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 青豆腐フォローする
販売日 2017年06月02日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

フミナは自分でも気付かない内にミヤガ先輩に洗脳され肉便器にされていた。
ガニ股開きで恥部を晒しながら、教師も混じっての乱交告白映像を見させられる

気づかぬ内に精液浣腸されたお尻に巨大プラグを入れられ、抵抗も出来ずに豚顔ダブルピースで自ら高速ピストン。
自分でも知らないうちに無様なアヘ顔でイキまくる変態肉便器になっていた・・・

どスケベガ○プラバトルも繰り広げるビル○ファイターズフミナ洗脳陵辱本


本文ページ数:23ページ


※妊娠、出産表現があります。
苦手な方はご注意下さい。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ201223
ファイル名/ファイル容量
RJ201223.zip / 32.33MB (33902450Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「センノウ・フミナ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

輪姦(2) ぼて腹/妊婦(2) 出産(2) 調教(2)

おすすめ!知らない間に卑猥にされる

2017年07月19日  

このレビューは参考になった×0人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!無意識で記憶もなく犯されていた事を知った時に恐怖

2017年06月04日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

巧妙な設定です。
催眠や洗脳によって女性本人が全く無意識なうちに犯されるストーリーはよくあるかも知れません。
本作もその一種ではあるものの、一味違う工夫が効いています。
丁度よくサンプルにそのカラクリを説明するページが出ているので、拡大とかして見ていただけると理解が早いはずです。
つまり性欲狂いになって嬉々として淫行を貪る「洗脳状態」と何も知らない「正気状態」がスイッチ一つで瞬時に切り替えられるのです。
この洗脳には記憶を消去し、身体の感覚をある程度麻痺させる副次効果もあり、「洗脳状態」でどれだけ激しく犯されて、肉体が豊満に変化しつつあったとしても「正気状態」のスイッチを押されると、完全に忘れ去って爽やかな笑顔で日常を送ってしまうのです。
しかし、流石に映像と言う物証を突きつけられたり、正気のまま犯されたりすれば、自分の置かれた現状を理解し、愕然とせざるを得ません。
サンプルのページが象徴するように本作の最大の魅力は凄まじい温度差です。
下品に雄を歓迎する肉欲の権化のような姿から一気に顔色を変えて、血の気が引く表情が最高です。
自分の体で、自分の行動だからこそ、記憶の無い少女自身にとっては信じがたく、ホラーのような人格崩壊級の恐怖で叫ぶ顔が男心をくすぐります。
少女を意のままに操る征服の快楽と泣き叫ぶ少女を犯す陵辱の快楽、同居しにくい二種類の趣向が絶妙に共存した作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]