同人 > M.O製作所 > M.O > M.O vol.4 ~鏡の中のセルフパイズリ大好きっ娘~

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年05月13日
最終更新日2017年05月26日
シリーズ名M.O
作家 るいす・まくられん
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

今日も大好きなセルフパイズリをしています。
おっぱいを使ったおち○ちんオナニー。
今日は日曜日。たくさんセルフパイズリしようと思っていたらなんだか視線を感じて…

なんとビックリ!鏡の中の私が出てきました。

驚いている暇もなく鏡の私はなんと私にパイズリをしてくれました。
私の気持ちいいやり方を知っていて
しかも、根本まででずっぽりシコシコ。
他の人にしてもらうパイズリがこんなに気持ち良いなんて…!

(以上、本文冒頭より一部抜粋)

画像サイズ1080x1980ピクセル
基本CG12枚、テキスト差分等込みで計82ページ。
文字なしバージョンを同梱。

※2017/5/3ふたけっとにて頒布のコピー誌を再編集したものです。
※射精は全てパイズリで挿入はありませんのであしからずご了承ください。

更新情報
5/25 画像サイズの圧縮、文字抜けの補間、ゴミ取り等。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ199343
ファイル名/ファイル容量
RJ199343.zip / 113.02MB (118508534Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

バージョンアップ情報

  • 2017年05月26日
    誤字脱字修正
    画像サイズが大きすぎたので小さくしました。
    2160x3840から
    1080x1920になってます。

M.O vol.4 ~鏡の中のセルフパイズリ大好きっ娘~の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「M.O vol.4 ~鏡の中のセルフパイズリ大好きっ娘~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

ふたなり+パイズリ=なんという俺得

2017年06月13日  

このレビューは参考になった×0人

巨乳でふたなりな眼鏡っ娘がひたすらパイズリしまくります。セルフでやったり、もう一人の自分と扱き合ったりと、なかなかマニア指数が高く、興奮を高めてくれます。
本番は一切ないため人を選ぶかもしれませんが、ふたなりとパイズリが好きなら十分満足できる作品だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!同キャラふたなりパイズリ

2017年05月16日  

このレビューは参考になった×1人

ふたなりっ娘がセルフパイズリでオナニーしてたら鏡からもう一人自分が出てきた!?
というわけで外見が全く同じ二人のふたなりっ娘が相手のも自分のも、とにかくパイズリしまくります。本番は一切なし。
おっぱいも肉棒もかなり大きく、それらが最初から最後までひたすらパイズられる様はかなりの迫力。
双方同一人物という特殊なシチュもあって興奮度はさらに増し、結果かなりパワーのある作品となってます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]