同人 > トリプルプレイ > アジャイル戦記~AI of Humans~

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■概要
金髪美少女のゲーム内アイドルであるテルが持ち前の異常な高戦闘力で奮闘するも、
多くの人々の悪意に騙され、敗北し、凌辱されていくRPGです。
主人公であるテルを含め他女性陣の輪姦シーン、エロ衣装での辱め、監禁調教やNTR風味のシーン、
数々の苦難(エロ)が強気なテルの精神を蝕み堕ちていきます。

■あらすじ
VRを越えた新世代RPGとして公開されたゲーム、「ラビリンス」。
最新鋭のAIが話題を呼び、大盛況を博した新しい世界で彼女は自らの居場所を見つけた。
だが、そんな充実した日々は「シャングリラ」と名乗る謎の集団に突如崩されてしまう。

彼女は閉鎖空間とした化した地獄の楽園にて多くの人々を救うことができるのだろうか。
・・・あるいはありとあらゆる暴力と凌辱の波に屈してしまうのだろうか。

■システム
Hシーン及びシナリオを楽しんでいただくため、
RPG要素を活かしたノベルゲーム風味に演出しています。

 以下は本作の特徴です。
 
 戦闘面の難易度を低く設計。
 ・主人公であるテルが強者であることを演出するための爽快感ある戦闘バランス。
 ・ダンジョンでの雑魚戦闘をアイテムによって全て避けることが可能。
 ・Hを経験するたびにレベルを上昇させ、不要なレベル上げを削減。
 
 イベントを起こすための探索など煩わしい作業感を削減。
 ・物語は基本的に会話中に次の行き先や目的を明示。
 ・Hシーンは全て物語に沿って発生し、Hシーンを回収する手間を削減。

 Hシーンなどの概要。
 ・総Hシーン:41(立ち絵Hシーンを含む。)
 ・回想モード:有(シナリオ進行上、とある期間中は回想不可。)
 ・メッセージウィンドウ消去機能
 ・メッセージスキップ機能
 ・バックログ機能

■Hシーン例
本作のHシーンは凌辱、輪姦がメインです。
百合、NTR風味なものを含んだシーンもあります。

 ・テルは手掛かりを求めるも対価を要求され、自慰や露出を強要され辱められる。
 ・多くの人々を救うため敵地に乗り込むが敗北し、犯され続け堕ちていくテル。
 ・テルと親しくなったとある可愛い女の子との秘め事。
 ・目の前で親しい人が犯されていく絶望の宴。

ちゅぱ音、くちゅ音は【みじんこ素材】様、【タイガーリリー】様の素材を使用しております。

■注意事項

 ・体験版でのセーブデータは製品版に引き継ぐことはできません。

 ・本作はRPGツクールMVで製作していますので、
  快適なプレイをしていただくにはある程度のスペックが必要となります。
  購入前には必ず体験版での動作確認をお願いします。

 ・バージョンアップやバグ修正時には再ダウンロードで対応するため、
  会員登録しての購入を強く推奨します。

 ・セーブデータの移行についてはreadmeを参照してください。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ198218
ファイル名/ファイル容量
RJ198218.zip / 703.95MB (738142237Byte)
CPU
IntelR Core2 Duo相当以上
メモリ
2GB以上
HDD
空き容量2GB以上
VIDEO
1280×768以上
その他
RPGツクールMVの動作環境に準ずる。
注意事項
バージョンアップ・バグ修正に関しましては予定事項となります。
ディーエルサイトコムがこれを保証するものではありません。
現段階の作品内容にご了承を頂いた上でご購入下さい。

バージョンアップ情報

  • 2017年06月02日
    不具合修正
    ver1.01 回想関連の不具合を修正。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「アジャイル戦記~AI of Humans~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

調教(3) 陵辱(3) レズ/女同士(2) 輪姦(2)

おすすめ!丁寧に作られた秀作

2017年06月05日  

このレビューは参考になった×0人

ほぼ一本道のストーリーではありますが、それも世界設定を生かしたシナリオ。そしてストレスフリーなゲームバランスで、のめり込むようにプレイ出来ました。
特にシーンに関しては、容赦ない凌辱やこだわりを感じるプレイ内容。それをシナリオに生かす等、正に「全てのHシーンに意味のあるRPG」です。
クールな強キャラ主人公が堕ちていく様、戦意喪失したヒロインへの追い討ち等を丁寧に描いている作品なので好きな人には是非ともオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!地獄のような凌辱の数々

2017年06月05日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

シナリオ重視な内容で、戦闘はその中の演出の一つといった感じ
イベントでレベルがかなり上がり、装備もアルバイトをすれば序盤で強力なものがそろうので、バトルはサクサク進めます
ストーリーは人とAI、現実と仮想現実というSF風になっており、複雑で重厚な内容なので、読み込んで進めていたらクリアまでに結構時間がかかりました

紹介分にもある通りサブイベントと呼べるようなものはほとんどなく、Hシーンはシナリオに深くかかわってきます
ゆえに、イベントが終わったらそれっきりということはなく、そうした凌辱の記憶は主人公に深く刻み込まれ、心と身体を蝕んでいくことに
交渉のためのオナニーショーや大勢の前でのストリップ、衆人環視の中での輪姦
そして中盤、敵に敗北してからは監禁されひたすら凌辱の連続
快楽を増幅するプログラムを組み込まれ輪姦され晒し者にされいつでも中出しできる道具扱いされ
ストーリーに深くかかわるのであまり詳しくは書けませんが、こうした凄惨な凌辱を何度も何度も繰り返されます
主人公はクールで、強いがゆえに誰にも負けないという自信を持っていたのですが、そうした子が堕ちていく様はいいものです

総じて、まさに全てのHシーンに意味があるといった作りになっています
凌辱が好きだという方、サクッと抜きたい方、話に入り込めるゲームがしたいという方、ぜひ製品版を購入してプレイしてみてほしいです

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!地獄と化した楽園で戦うヒロイン。

2017年06月02日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×4人

紹介文通り、ツクールで作成されたノベル重視の作品だ。RPG部分はヒロインの強さの演出面に徹しているので、戦闘などもボス含めて簡単に倒せる。ストーリーを手早く進めたい、シーンを手軽く集めたい方にはありがたい。

エロはセクハラアルバイトとメインの敗北エッチがあり、他にモブキャラ凌辱、百合和姦が加わる。いずれも対人で、羞恥責めと凌辱味は強めとなっている。

特にセクハラアルバイトは力の入れようが強く、「おまけ」とは感じさせない。クールな割にちょろいヒロインの性格をいいことに、言いくるめて恥ずかしい衣装を着せるまではよくある。
そこからが出色の出来で、本人に気付かせずに服を透明化させる。本人の知らぬうちに辱めるこのシチュは背徳的で、セクハラの域を出ないにもかかわらずエロスが濃厚だ。

主眼となる敗北エッチも実用性が高い。プレイ中、敵幹部さえ圧倒するほどヒロインの強さが十分に印象付けされる。そこから不意打ちにより敗北、本格的に犯されるため、征服欲が刺激される。ツクールによる演出効果が良く発揮されているのである。

内容は調教的で、抵抗心を持つヒロインも休みない行為に徐々に弱っていく、といった趣向となる。
その過程が畳みかけるように展開され、最終的には仇敵に媚びる程堕ちてゆく様は見ものである。
同じプレイ内容でも、時間経過後はそのプレイにノリノリで嵌ってゆくので段階エロ的な要素もある。

個人的おすすめは愛し合う百合カップルをガッツリ引き裂いてゆく場面だ。初々しい百合シーンを丁寧に描写した後、精神を壊す勢いで犯す容赦のなさがお気に入りである。ありそうであまりないため、アピールポイントに挙げさせてもらう。

総評として、ユーザビリティと実用性が高く、サディスティックな内容を楽しみたい方におすすめである。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]