({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年03月16日
シリーズ名レベル100勇者シリーズ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
242.12MB

作品内容

すでに魔王を倒してしまったレベル100の勇者が、
ロリサキュバスの「メリベル」討伐に赴いた
前作からの続編になります。

レベルドレインで奪われた経験値を取り戻すため、
世界を股にかけ、メリベルを追う勇者。

一向に縮まらない2人の距離に、
この堂々巡りは永遠に続くかにも思われたが…

とうとう追い詰めたその場所は、レベル100となったメリベルが
その実力を買われ、魔界から与えられた辺境の古城。

しかし、メリベルの居城で勇者を待ち受けていたのは、
魔界時代からの友達だという、高レベルサキュバスたち。

中でもリーダーの金髪碧眼のサキュバス「タマリー」は
その愛くるしい美貌で勇者の心を激しく揺さぶる。

見た目はまるで天使、しかし性格が悪魔のタマリーが
「童貞を殺す魔法」の数々で、女に耐性のない勇者に襲いかかる!

その毒牙にかかった勇者の行く末やいかに!
そして、勇者への接触を図ったタマリーの真の意図とは…!?



※オリジナルSS付きCG集です。
 基本CG21枚(新規キャラ立ち絵もカウントして。前作からの流用分・差分は除く)
 本編152枚。表情差分・断面図の有無・テキスト有無等の差分含めて257枚。
 Hシーンの動きや表情の変化を差分で表現しているため、枚数が多くなってます。
 文字なしバージョンは別フォルダにて収録。

※Hシーンは、今回の主役であるタマリーがメインになります。
 サブキャラについては、集団でのHCGが3枚ありますが、個別のHCGはありません。
 メリベルについては、導入・戦闘・立ち絵(前作からの差分)がありますが
 今回はHシーンはありません。ご注意ください。

※断面図の表現があります。苦手な方はご注意ください。
 また、ひょっとこフェラの表現があり、一部キツめの表現になっています。

レベル100勇者伝説その2 天使が悪魔編の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「レベル100勇者伝説その2 天使が悪魔編」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

2作目もよかたい

2017年06月02日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

本番多めな気がしたので、本番よりも他のプレイが好きな自分としては少し物足りなさを感じましたが、それでもタマリーのフェラと前立腺攻めはとてもエロかったです。
前作とは違い、丁寧な言葉遣いと搾り取ってくる所作とのギャップが良かったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

よかったです!

2017年05月23日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

前作でレベルを奪われた勇者が経験値を取り戻す為に敵を追いかけた先で現れたサキュバスといろいろするという作品となっています。
前作とはまた違ったタイプのサキュバスが勇者の心を揺さぶるというシチュエーションが最高でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]