同人 > 程酔ブス子 > 特異シチュエーション > その女は『医療用サイバネティック男性器』でオナニーをし、はじめて男の感覚を知った。

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年03月19日
シリーズ名特異シチュエーション
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数22ページ
ジャンル

作品内容

※この漫画はフルカラー漫画です。

またスマホでもPCでも
読みやすいと思います。



その女が取り寄せたもの。

それは『医療用サイバネティック男性器』だった。


― 医療用サイバネティック男性器 説明書 ―

【本製品は事故等により
欠損した男性器の代わりを務めます。

本籍品の根元部分とあなたの皮膚を
7秒間接触させると、癒着し、
神経がつながり本物の男性器と
同じ感覚が得られます。】


女は自分の右手にこの
サイバネティック男性器を癒着させ
神経をコネクトさせた。


「あはは、私にち●こ生えた。」

そう笑いながらふいにそれを撫でみると

「…っ!」

はじめて体験する感覚だった。

「…ふぅっ!…ち、ち●こって
こんなに敏感だったんだ…。」

女は自身の女の手で
その男性器を気持ち良さそうに
しごいく。


やがて女はがまんできなくなり
自分の女性器への挿入を開始する。


「入れる感覚」と「入れられる感覚」

二つの感覚が女を覆う
まったく未知のオナニーが始まっていく…



全22ページ。

今回は用紙が縦のフルカラー漫画です。

スマホでもPCでも読みやすいと思います。

よろしくお願いします。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ196182
ファイル名/ファイル容量
RJ196182.zip / 8.54MB (8951724Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

その女は『医療用サイバネティック男性器』でオナニーをし、はじめて男の感覚を知った。の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「その女は『医療用サイバネティック男性器』でオナニーをし、はじめて男の感覚を知った。」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件