>    >  

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

◆ STORY

知彦はゴールデンウィークに入る直前、
クラスのマドンナ的存在な女の子に告白する。

しかし、芳しい答えが帰って来る事はなく、
親友である弘樹の事が好きだと言われる。

知彦にとって弘樹は幼い頃からの親友であると同時に
自分が絶対に超えられない壁でもあった。

知彦が好きになった女の子が弘樹を好きになる…
その帰り道、自らの行いと告白が上手くいかなかった事に愕然とする知彦、
頭の中に何かしらの声が響き渡る事に気付いた。

段々と大きくなっていく声を無視出来なくなってしまった知彦だったが、
その眼前に見知らぬ少女が現れる。

紫髪に和服その手には刀という奇妙な外見をした少女はいきなり知彦を剣で斬りつけた。
そして「何ともなさそうな」様子を見せる知彦に「ムラサキ」と名乗る少女は事情を説明する。

知彦の頭の中で呼びかけていた声は『夢魔』と呼ばれる化け物のものであり、
彼らは若い人間の心の隙間に入り込み、
悪さをしてしまうとの事で、刀で斬りつけたのは『夢魔』を払う為の行動だったと語った。

いきなりの事で信じられない知彦だったが、
頭の中から聞こえるおかしな叫びに対して反論することが出来なかった。

知彦はムラサキの夢魔の回収仕事を手伝うことになった。
突然現れたエッチな「ムラサキ」との淫らな生活が始まります。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ195776
ファイル名/ファイル容量
RJ195776.zip / 432.47MB (453480679Byte)
その他
体験版でご確認ください

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「死神と過ごした四日間――ムラサキが教えてくれたから――」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件