>    >  

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

幼き少女リアンナのその小さな身体には奇跡のような霊能力が備わっていたが、類い稀なるその回路は、ある時を境にプツリと断たれてしまう。その記憶も今では前世のように遠く、成長したリアンナは当たり前の学園生活を満喫していた。
しかし、好物の明太子に対する葛藤を機に、十余年の時を経て、肉体が封印した筈の霊能力が再発症することになる。
希代の霊能力は、眠りの過程で磨きがかかり、平凡な女学生は、いつかの少女へと甦る。だが、日本という遠く離れた小さな島国の霊性は、無尽蔵なまでのエネルギーと粘着力を拵えていた。
理不尽に変転する外囲に、為す術もなく翻弄されるリアンナ。幼馴染みのメリーゼと共にその得体の知れない霊障に立ち向かうも、オカズの亡霊は、忘れそうな感覚にフクシュウを励行する。



■動画アリ(3Dアニメーション)
  ヌルヌルと動くオカズと女体はマルチアングルで楽しめます

■CGアリ(CGモード完備)
  本編におけるCG+@がCGroomにて約120枚

■テキストアリ(ノベルゲーム形式)
  約130000字のシナリオをなぞりながら物語は進みます



CV
 リアンナ:結姫うさぎ https://twitter.com/yukiusagi______
 メリーゼ:鬼道レイ https://twitter.com/07jyooo


※ご購入前に必ず体験版で動作確認をお願いします(ムービーの再生には DirectX 8 が必要になります)。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ195620
ファイル名/ファイル容量
RJ195620.zip / 1.38GB (1487021410Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「オカズの亡霊」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

くすぐり(3) 少女(2)

おすすめ!くすぐり好きなら買い

2017年04月07日  D777 さん

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

新作まちこがれてました!!
くすぐり作品は数あれど、動画形式のくすぐり専門作品は
このサークルさんくらいなもの。
今作品もくすぐりフェチにはたまらない作品です。
気になる方は体験版をオススメします。
くすぐられている少女もぬるぬる動いて悶えてくれます。

素晴らしい作品ありがとうございます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!期待を裏切らない

2017年03月22日  X9 さん

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

前作のどこか陰鬱な雰囲気が好きで、このサークルさんの新作が出ないかとずっと待ち焦がれておりました。
そして発表された念願の新作は前作とは雰囲気が全く違っており、少しコミカルな感じでした。
若干不安を感じつつ購入しましたが、全くの杞憂でした。

圧倒的なくすぐり描写に、じわじわと追い詰めていくようなストーリー構成。
そして期待を裏切らない壮絶なラスト。
また、自分が楽しめるかどうかの不安要素であった何となくコメディチックな雰囲気は終章の絶望感をより引き立てる為のスパイスになっており、流石だと思う他ありませんでした。

3Dアニメに関しては前回よりモデルの表情が豊かになっていたり、体の動きによりリアリティが増したりしていてまさに正統進化といった感じでした。
そして今回はくすぐり手側の大半が食材ということで、なかなかイメージがつきづらいのではないかと思っておりましたが、ここも凄まじい文章力で上手くカバーされていました。

くすぐり描写についてはいくら語っても語りきれないほどですので、強いて一つだけに絞って語るとすれば性感帯くすぐりの部分がとても良いです。
これはこのサークルさんの特色でもあるかと思いますが、性感とくすぐったさの間を彷徨う様子に説得力が有り、くすぐったさから開放される為に性感へと逃げようとする女の子の描写が素晴らしいです。

この作品の良さの全てを文章におこし800文字以内に収めるのは私の力では到底無理ですので、是非くすぐりフェチの皆さんにも購入し実際に体験していただけたらなと思います。
確実に御値段以上の価値有りです。

素晴らしい作品をどうもありがとうございました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!くすぐりフェチの期待

2017年03月20日  Dawn さん

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

くすぐり自体マニアックなのかもしれませんが、この作品のくすぐりシーンのシチュエーションは他のくすぐりフェチ向け作品よりかなり特殊でした。くすぐりフェチなら必ずチェックするべき作品でしょう。3Dアニメもヌルヌル動いてすごくエロいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]