同人 > スルメニウム > 路地裏淫欲バー

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

◆ 登場人物
青山玲子 33歳
3年前最愛の夫を亡くした未亡人。
愛しい旦那と一緒に経営していたバーを一人で守り続けている。
――――――――――――――――――――――

◆ あらすじ
――――――――――――――――――――――
私、青山玲子は路地裏の小さなバーを旦那と二人で経営していた。
しかし、旦那は3年前突然この世を去った。
それでも私と旦那の思いでがいっぱいつまったこのお店を私は一人で守り続けてきた。

それなのに最近、追い打ちをかけるように若くて可愛い娘たちが接客するバーが近場にオープンし、少なかった客が更に減った。
借金は膨らみ、もはや私のちからではどうすることもできなくなっていた。

ある日、私にお金を貸している男が来店した。
男は借金を返済するように迫ったが、私はそうすることができなかった。
仕方なく男はお店の経営費を負担する代わりに1つの条件を提示した。

それは、二十二時以降、客が求める
あらゆる性的サービスを私が提供すること――


条件を承諾し、男たちの性奴隷となった私は、好きでもない男たちに毎晩抱かれ続ける。
そして徐々に心と身体は快楽に溺れていく。

◆ 構成
――――――――――――――――――――――
・基本10枚, 本編159枚
・サイズ1920 x 1200

◆ その他
――――――――――――――――――――――
制作: スルメニウム (作者 谷口大介)
twitter: @kogarasumr (新作の情報などが見られます)
pixiv ID: 17984221
次回作: 3月中旬~下旬頃, おそらく人妻もの

作品情報/動作環境

作品番号
RJ195375
ファイル名/ファイル容量
RJ195375.zip / 244.81MB (256706415Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「路地裏淫欲バー」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件