>    >  

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年02月24日
シリーズ名ドロシーと使い魔ヴァル
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
  • この作品は「ユーザー認証型」の作品です。 ユーザー認証について ]
  • この作品はmacOSには非対応です。 macOSでは閲覧できませんのでご注意ください。

作品内容

■概要■
画面サイズ【640×480】RPGツクールVX Aceで作成したオリジナルのRPGです。
基本CG40枚、差分を含めて総枚数241枚の作品となっております。

◆声優◆
「ドロシー・フォン・シュネイテール」:CV 紅月 ことね様
(一部のエッチシーンのみ音声を収録しております。)

■世界観■
今からおおよそ100年前、魔王が現れて世界を悪い瘴気で満たしました。その瘴気を吸った女の子達は、胸が異常に大きくなり母乳がでるようになってしまい、
しかも、ク○トリスまで大きく肥大する とても恥ずかしい身体になってしまったのです。
「これではいけないッ」 女の子達は魔王を倒すため、彼のいる城に乗り込みました。…が、なんと魔王はそこにはおらずただ瘴気だけが世界に蔓延していたのです。
世界中の女の子達は、元の身体を取り戻すため瘴気を除去する方法を探す旅に出たのでした。

■内容■
チ○ポ並みの巨根ク○トリスを戻すため世界を旅している魔法使いの女「ドロシー・フォン・シュネイテール」
ある街に訪れた彼女だったがなぜかその後ろには、使い魔にしてとせがむ「ヴァル」の姿があった。
あまりにしつこい彼に根負けした彼女はこの街にいる間に自分の役に立ったら使い魔にしてあげると条件をだす。
ヴァルは彼女の役に立てるよう模索しながら、気づかれないように裏でエッチな事を画策していくのであった。
そんなドロシーの元に半年経ってもまだ未踏のままのダンジョンの話が舞い込んできた。
そこは昔、魔王(ヴァル)が作ったダンジョンで、その奥には強力な淫魔法で作られた「支配の部屋」と呼ばれる場所があった。

巨クリ むちむち 巨乳 膨乳 多汁 本気汁 潮吹き ボコ腹 ボテ腹 異種姦 触手 淫魔道具 など、マニアックな表現が含まれております

※本作品はRPGツクールVX Aceで制作しております。
本作品をプレイするには、RPGツクールVX Ace RTP 1.00(無料)が必要となります。
インストールされていない場合はお手数ですがダウンロードして下さい。

■スタッフ■
シナリオ:のこべや
CG:のこべや ちゃつふさ

作品情報/動作環境

作品番号
RJ194814
ファイル名/ファイル容量
RJ194814.zip / 166.8MB (174906529Byte)

ドロシーと支配の部屋の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ドロシーと支配の部屋」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

マニアックなツボをおさえてい!

2017年03月22日  子山羊 さん

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

久々のドロシーの登場で興奮して買いました。
シリーズ前作のRPGと同じく戦闘はかなりシンプル、というより選択肢のようなものでした。
いつものようにアブノーマルなツボをおさえてくれていたので、次回作にも期待しています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]