同人 > スルメニウム > 知らない男に抱かれる悦びを知りました。

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年02月08日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

◆ あらすじ
――――――――――――――――――――――
引っ込み思案だった一人娘が明るくなった。
どうも彼氏ができたみたいだ。
私は自分のことのようにそのことを喜んだ。
しかしある日、娘と彼氏の異常なセックスを秘密裏に目撃してしまう。
男は、娘に対して暴力的な言葉を浴びたり、怪しげな薬を飲ませたりしていた。
そして、あろうことか娘の身体を使って金儲けをしているようだった。

明らかにおかしい行為に、心配した私は、娘に男と別れるように説得する。
しかし、男に惚れ込んでいる娘には私の声は届かず…
私は、唯一娘に声が届く、その男に懇願する他なかった。
「どうか娘と別れてください。大切な一人娘なんです」

男は娘と距離を取ることを約束したが、
その代償として私の身体を売るようになった――

好きでもない男に抱かれているのに…
顔も知らない男に抱かれているのに…
それでも私の身体に刻まれていく快楽が怖かった。
嫌なのに… 痛いほうがましなのに…

だから私は、ある日旦那の身体を求めた。
知らない男たちに刻まれた快楽をかき消すような、
私はあなたのものだって言い聞かせてくれるような、
そんなセックスをしたくて――

でも、そのとき気づいてしまったんです、


「知らない男たちのセックスのほうが気持ちよかった」


◆ 構成
――――――――――――――――――――――
・基本10枚, 本編193枚
・サイズ1920 x 1200

作品情報/動作環境

作品番号
RJ194098
ファイル名/ファイル容量
RJ194098.zip / 240.44MB (252119388Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「知らない男に抱かれる悦びを知りました。」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件