同人 > サークル 裏ぴろちゃき > 妖縛奇譚 > 妖縛奇譚アポカリプス

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■生贄を育てる心霊シミュレーションゲーム

 目的は、壊す事。
 生贄の人間性を崩壊させ、魂を汚し鬼の霊が望む生贄に育て上げます。

 調教シーンはすべてアニメーション。
 今作では、カメラワークも加えフレーム全体がなめらかに動きます。

 ヒロインは全員フルボイス。
 監禁され弱った精神を必死に支える少女を詰ります。

 フルボイスと一人称視点のアニメーションで、自らが調教を行っている臨場感を目指して制作しました。

 クリア後は、精力・霊力解放モードど静止画閲覧が追加されます。

■闇の気分を盛り上げる伝奇ストーリー

 除霊のために村にやってきた霊感少女……長岡亜矢と、除霊を取材に来た記者仁科邦彦。
 二人は、夜ごとに同じ夢を見る。
 ……それは、廃屋で邦彦が亜矢を凌辱し続けるというものだった。
 除霊の日が近づくにつれ、疲弊してゆく亜矢。
 邦彦は、それが除霊を阻止するために自分が負わされた役目だと考え始めていた。
 ……そして、除霊の日。
 夢は現実となる。

■状況により変化する調教

 五つの調教を連続実行するシステム。
 同じ調教を長く続けたり、変化を付けて調教を変えたりできます。

 「勃起すると挿入系調教が使える」

 「霊力が溜まると霊虐調教が使える」。

 「理性を失うと奉仕を強制できる」など……

 調教が進むにつれ、実行できる調教が増えてゆきます(条件が複数の場合もあります)。

○恐怖系調教 苦痛を与え、生贄に恐怖を与えます。
 叩く、鞭、腹を殴る……など。

○色欲系調教 快楽を開発し溺れさせます。
 愛撫、指挿入、張り型挿入……など。

○屈辱系調教 人間性を否定し、あきらめを植え付けます。
 踏みつけ、排尿強要、排便強要、イラマチオ、肛門開発……など。

○挿入 苦痛か快楽か、調教の進行で効果が変わります。
 正常位、バック、騎上位、アナル……など。

〇霊虐調教 人間の能力を超えた責め。
 蟲攻め、触手責め……など

■登場人物

○仁科邦彦
 プレイヤーキャラクター。

〇長岡亜矢 CV:霜月優
 村に除霊のために滞在している霊感少女。

○南部真琴 CV:七海こねこ
 以前神隠しに遭ったという、南部隆道の娘。。

○湯川紗世 CV:浪実みお
 以前の神隠しで行方不明になっている少女。

■注意事項

 ご購入の前に、体験版での動作確認をお勧めします。
 排泄、腹パンなど、リョナ要素を含みます。
 流血、傷など、微グロシーンがあります。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ193464
ファイル名/ファイル容量
RJ193464.zip / 929.04MB (974167399Byte)
CPU
Pentium以上
メモリ
2GB以上
HDD
空き容量1GB以上

妖縛奇譚アポカリプスの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「妖縛奇譚アポカリプス」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

難易度はそこそこあるがイージーモード有り

2017年03月08日  

このレビューは参考になった×3人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]