>    >  

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

製品版の最新バージョンは1.00です

◆公式サイト
http://jyuukin5674.wixsite.com/gorilla-typhoon/

◆どんなゲーム?
「メイドさん」が主人公の生活系18禁RPGです。
ダメな男たちのギルドに雇われて、14日間を「お世話」して過ごします。

戦闘・成長・雇用者たちの健康管理。
そして、ギルドのお財布の管理を行っていく、生活系RPGです。

詳しいシステムは、上記の公式サイトをご参照ください。

◆概要
・本編クリアまでの平均プレイ時間は3~4時間程度です。
 (本編クリア後はエンドレスモードがあり、裏ボスも存在します)
・メイドさんなので、もちろん「ご奉仕」という名のエッチがあります。
・「ご奉仕」をすることで、メイドさんとギルドメンバーは成長します。
・生活パートでの成果が、戦闘に繋がっていきます。
・施設のアップグレードをして、より有利に。
・魔軍と戦争中の世界であるため、国の戦況次第では生活に影響も。
・面倒くさい時は「ヘルプマシン」で所持金などをデメリット無しで増やしたり出来ます。
・画面解像度は1280×960です。

◆Hシーン
・CG枚数 (基本20+差分47枚)(+セクハラ・逆セクが各2枚)
・エッチ中にギルドメンバーに盗撮されることがあり、
 盗撮された写真は実際にゲームの中で使うことが出来ます。

◆その他システム
・シーン回想、CG回想あり
・クリア後に任意のタイミングで回想の全開放が可能。
・オートセーブシステムあり
・メッセージ枠の表示/非表示を切り替えることが出来ます
・メッセージスキップあり

◆その他
この作品はツクールMVを利用して作成しています。
ご購入前に必ず体験版で動作チェックをお願いいたします。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ193361
ファイル名/ファイル容量
RJ193361.zip / 240.29MB (251957344Byte)
CPU
Intel® Core™2 Duo相当以上
メモリ
2GB以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ギルドハウスのメイドさん」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!しっかり作り込まれてる作品

2017年03月10日  星の子 さん

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

ほのぼのとした雰囲気の中で、しっかりとゲーム性が確保されており、なおかつストーリーも考えて作られており、とても楽しむことが出来ました。

ゲームはバランス良く作られており、複数のパラメーターを管理するシミュレーションゲームのような印象を受けました(ただ少し覚える要素が多いかな?とも思いました)。
最初はどういう方針でゲームを進めていけばいいのか迷いますが、ゲーム内日数の進行に伴ってチュートリアルが挟むので、その内容を踏まえれば後半ではある程度自分で方針を決めてプレイすることができると思います。

主人公であるメイドさんもとても可愛く、キャラも立っていたのでとても魅力的でした。
イベントシーンについては、個人的な趣向もありますが本番のないイベントの方が楽しむことが出来ました。

また当作品には、一種のやり込み要素もあるようなので、プレイ時間は3~4時間とありますが、自分の納得のいくまで遊び続けることもできると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]