同人 > 荒縄工房 > 被虐の街

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年01月16日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数508ページ
ジャンル

作品内容

杏奈は、32歳。結婚4年目。子どもはいない。
夫に隠してネットビジネスをはじめていたが失敗。多額の借金をしてしまう。
その借りた先は、女性だけに個人的に貸す春川華純という20代の女。
不法な金利でいつしか500万もの借金になっているという。訴えてもいい、と開き直る華純は、
「あなたはおきれいだから、すぐ返せると思うし、そうした方がこの街に住み続けるなら、安全だわよ」
と、特殊な返済方法を持ちかける。
「オークションってところね。クラウドファンディングと言ってもいいし。お金を出してもいいという方が、匿名でネットで参加するのです。市場のセリのようなものと思ってくれてもいいわ。あなたならすぐに出資者があらわれて、問題は解決すると思うわ」
杏奈は、それを了承してしまう。
脇の下にコードを刺青され、ネットを使った秘密のオークションで、たちまち出資者を得た。
杏奈を1日自由にできる権利を得た者が2人。3日間自由にできる権利を得た者が2人。
合計、4人の買い手に8日間、身を預ければ、借金は返済されるという。
ただし途中で棄権すれば、借金はまったく減らない。

杏奈が好きな方に出してやるよ

「ここの会員は、指折りの変態揃いだからね」
出資者たちは、杏奈の体をむさぼり、地獄に叩き落とす。

「奥さんはここでセックスしたことがあるかな?」
「あぐうう」
 あるわけがない。叫んでいた。

「どっちで出そうかな、一発目。なあ、どっちがいい? 杏奈が好きな方に出してやるよ」

「ぐはっ!」
 鋭い痛みに目を見開いていた。
「ははは。さすがに正気に戻ったな」

私は犬のように便所に連れ戻された。

「叫んでもいいし、ここでやめてもいい。訴えてもいい。だけどそれで杏奈はすべてを失うんだよ。セリにかけられて、四人の男たちに買われたんだよね。その事実が出てしまう」

「おもしろいもの、見ていかない?」
 私は犬のように便所に連れ戻された。
「こいつを便器にしてやってほしいの」

 杏奈の一人称視点で描く人妻嬲りをお楽しみください。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ192660
ファイル名/ファイル容量
RJ192660.zip / 1.04MB (1095719Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「被虐の街」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件