同人 > 絵援隊 > 友ママあまえんぼなつやすみ

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

友達の家で偶然見つけた、友達のお母さんの使用済みパンティー
それを物色しているところを見つかる主人公
だがそれは友達のお母さんのしかけた策略であり、主人公はまんまと罠にはまり肉体関係に発展していく

愛情に飢え、母性の使いみちを失い、欲求不満状態の奥さんと童貞主人公による一ヶ月の物語

・友達のお母さんは射精の仕方を教えてくれる
・女の身体の柔らかさを、温かさを教えてくれる
・オマ○コの匂いを、湿り気を、ヌルヌルとした感触を教えてくれる
・おち○ちんをしゃぶられる快感を、口内の温かさを、柔らかな舌の感触を教えてくれる
・オマ○コの温かさを、中で射精する快感を教えてくれる
・家族に隠れてするSEXの背徳感を教えてくれる
・潮を吹かせ、イかせる楽しさを、女を支配する喜びを教えてくれる
・隠語電話、マ○コ写メ提出、オナニーパンティー提出、ハメ撮り、放尿撮影等変態的なプレイを教えてくれる
・女を独占し、寝取る喜びと達成感、独占欲を教えてくれる
・人妻を妊娠させ、托卵させる背徳感を教えてくれる…

性の手ほどきから始まり、間男として育成してくれて、そして最後は「俺の女」なってくれる…
そんな、一から十まで全部甘え放題な一ヶ月間を体験してみませんか

ストーリー付きオリジナルCG集です
画像サイズは1920×1080
プロローグのマンガ6P
基本絵15枚(立ち絵含む)
差分213枚
オマケとして本編の文字なし版と、撮影シーンの撮影効果無し版38枚が付属します
読みやすさを考え、殆ど吹き出しのセリフとト書きで構成しています

友達のお母さんとのあまあまとろとろ夏休みを是非お楽しみ下さい

作品情報/動作環境

作品番号
RJ192371
ファイル名/ファイル容量
RJ192371.zip / 604.61MB (633976849Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「友ママあまえんぼなつやすみ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

ショタ(2) 中出し(2) 熟女(2) ラブラブ/あまあま(2)

おすすめ!ムチエロママ

2017年05月25日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

この女怖い

2017年01月16日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

[作品内容]であらかたのシチュエーションが列挙してあるし、サンプルが多めに公開されているので、レビューでわざわざ書くような事がほとんど残っていないのですが、強いて言うなら「この女怖い」です。
夜の生活はご無沙汰とはいえ夫婦仲は険悪でもないようで、息子も反抗期ながらも一般家庭の度を超えていない、良すぎないけど悪くもない中流家庭という雰囲気が全編通して伝わってきます。
それなのにメインヒロインとなる友ママは主人公を意図的に誘惑して女体の魅力を教え込んでいきます。
それと言うのも全て自分の欲求不満を解消するためです。
個人的には、妻子が居て会社での地位もあるのに痴漢で捕まる男を連想しました。
いや、電車の痴漢ならまだ妻子から遠く離れた別世界ですが、この友ママは夫子がすぐ近くに居る自分の家で、本番におよぶのです。
感情移入すると、いつバレるか半端ないスリルで背筋が凍ります。
ちなみに、主人公の少年は人並みに異性に興味がある年頃であるものの、まだ男性機能も十全に使いこなしていないほどの若さだったので、友ママの側から餌を撒かなければ淫行の道に堕ちていなかったことは疑いようもありません。
言うなれば、この女の性欲解消のために、いたいけな少年は家庭崩壊の起爆剤にさせられているのです。
そして、もくろみ通り少年は円熟した女体の虜になってしまいます。
本人は強気に友ママを服従させ、調教した気になっている場面もあるものの、読者として俯瞰で見ていると「これ、女側の犯されたい願望に使われてるだけじゃね?」とも思えます。
つまり最終的に「この女怖い」です。
でも、そのピリピリする怖さがまた魅力でもあります。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]