同人 > ウィルテイム > 朝、目が覚めると男女の価値観が逆転した世界になっていた

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

男性として普通に生きてきた俺、江谷省吾。
とある日、目が覚めると男女の価値観が逆転した世界になっていた。
それまでの母親の役割を父親が、父親の役割を母親がやっている。意味がわからない。
所属している学園へ行くと、男性がもじもじして、女性が下ネタ話をしている有様だ。
コンビニで売っているエロ本も、男性の裸ばかり。しかも、誰ひとりとして疑問に思っていない。
どうやら俺だけが従来の価値観を維持したままで、価値観が逆転した世界に迷い込んだようだ。
理由がまったく不明の中、俺は憧れていた学園のアイドルや、元気さが売りのスポーツ美女とただれた関係になっていく。
しかも、相手から誘われるような、以前の生活ではありえなかったようなシチュエーションばかりに遭遇するのだった。


原画 : GaieN

シナリオ : 鳴沢巧

CV : ゅかにゃん/紅葉美兎

登場人物

朝、目が覚めると男女の価値観が逆転した世界になっていた [ウィルテイム]

奈々原 桜(ななはら さくら) CV:ゅかにゃん

家が金持ちというわけではなく、清楚な外見や立ち振る舞いからお嬢様扱いされる。
性経験も男性との交際経験もないが、性的なことに興味はある。
価値観が逆転した世界では、奥手なむっつりスケベ的な感じになっている。
スリーサイズは上から91-59-85。

朝、目が覚めると男女の価値観が逆転した世界になっていた [ウィルテイム]

泉 真理(いずみ まり)CV:紅葉美兎

スポーツ全般が得意で、学業は苦手。陸上クラブに所属中で、短距離を専門にしている。
明るく活発な性格で、下ネタにも比較的おおらかな健康的美人。
価値観が逆転した世界では、性的なことに興味津々な、いわゆるエッチな人間になっている。
スリーサイズは上から86-61-89

 

 

一部シーン紹介

朝、目が覚めると男女の価値観が逆転した世界になっていた [ウィルテイム]

真理「積極的にアタシのマ×コを触るなんて、女に慣れてる感じ? もしかして、ビッチなんだ?」
 一瞬だけ意味がわからなかったものの、すぐになるほどと心の中で頷く。
 相手から見た俺の印象は、俺から見た痴女に等しいのである。
 普通なら「痴漢はやめてください」と抵抗するところなのに、嬉々として自分のペニスを触らせる。
 真理の立場で考えてみれば、ビッチという結論に到達するのも当たり前だ。
省吾「ビッチではないな。まだ童貞だし」
 俺がそう言うと、真理は瞳を輝かせた。

朝、目が覚めると男女の価値観が逆転した世界になっていた [ウィルテイム]

真理「アンタ、童貞だったの!?」
省吾「わ、悪いかよ」
 バカにでもされるのかと思いきや、真理は嬉しそうに口角をつりあげた。
真理「エロい体してるから、とっくにどっかの女とヤリまくってるのかと思った。そっか、童貞だったんだ。フフフ♪」
 なるほど、と思う。
 従来の男が女性の処女を喜んでいたのだから、価値観がひっくり返れば童貞をありがたがられても不思議はない。
 現に真理は俺の耳元で、自分も初めてのくせに「優しくしてあげる」だのと囁いてくる。

朝、目が覚めると男女の価値観が逆転した世界になっていた [ウィルテイム]

桜「ああ……省吾君に舐められてる。恥ずかしいのに……凄く、気持ちがいいの……」
 恥ずかしがってるのは間違いないが、舐められる快感にうっとりしてるのもわかった。
省吾「もっと舐めてほしいなら、俺のも頼むよ」
桜「そんな……駄目です。男性が、自分から大事なところを舐めてだなんて……あふっ、はあ……」
 駄目と言いつつ、さすがの桜も性の誘惑には勝てなかったようである。
 数秒後には、ねっとりと熱いものが俺の男根を包み込んだ。
 ぬるりとしたものが、絡みつくように先端を刺激する。

朝、目が覚めると男女の価値観が逆転した世界になっていた [ウィルテイム]

桜「すぐにイっちゃう! オマ×コの痙攣が止まらないっ! ひい、ひいいっ! あオオ――っ!」
 清楚なお嬢様にしか見えない外見の桜が放つ性の雄叫びに、親友の真理も驚いたみたいだった。
真理「おとなしめの桜が、こんな声を出すなんて。まるで男みたい」
 俺だけ周囲と逆の価値観を持っている状況なので、時折きょとんとしてしまう。
 ひと呼吸置いて、ようやくそういうことかと納得する。
 要するにこの世界でアンアン喘ぐのは、男性の役割なのだろう。
 ……俺はそこまで激しくないが。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ190647
ファイル名/ファイル容量
RJ190647.zip / 108.33MB (113588619Byte)
CPU
entiumIII-500MHz以上
メモリ
256MB以上
HDD
120MB以上
VIDEO
800x600 ハイカラー(16bit-Color)
DirectX
9.0以降
その他
DirectSound対応サウンドカード

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「朝、目が覚めると男女の価値観が逆転した世界になっていた」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件