>    >  

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■ あらすじ ■

 ―――――――― 俺は義妹に恋をしてしまった ――――――――

 俺の家は父子家庭だったのだが、2○歳の誕生日に父がいきなり二人の女性を連れてきて
「お前に誕生日プレゼントだ!!」
 と俺に再婚を宣言し、その日を堺に血の繋がらない6コ下の妹が出来た。

 しかし俺は新しく出来た妹、愛梨ちゃんに一目惚れしてしまった……。

 そんな気持ちで平穏な生活が出来る筈もなく、そもそも出逢ったその日にちょっとしたハプニ
ングで射精を目撃され、気まずさからそれからの一切の話すチャンスを無くしてしまった。
 それからと言うもの……毎日愛梨ちゃんを想って……自慰行為にふけった……。

 ――時は少し経ち、数年後。
 俺は大学を卒業し、社会人になり一人暮らしを初めていた。
 義妹と離れはしたものの、それでも毎夜毎夜の自慰行為の習慣は抜けなかった。
 そして俺は親友にそのことを相談することにした。


 すると彼は一通り話を聞いたあと、小袋に入った【 一粒の錠剤 】を手渡してきた――――


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■ 収録内容 ■
基本絵    : 12 枚

本編     : 91 枚
台詞無    : 74 枚

おまけ    : 6 枚
(表紙1枚 + サンプル画像3枚 + サムネイル1枚 + 立ち絵1枚)

総枚数    : 171 枚


■ 画像情報 ■
2000px × 1426px 96dpi
(長辺 × 短辺)
拡張子 : jpg

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

追加紹介画像

義妹に薬を飲ませたら―― [四八楼]

 

義妹に薬を飲ませたら―― [四八楼]

 

義妹に薬を飲ませたら―― [四八楼]

 

義妹に薬を飲ませたら―― [四八楼]

 

作品情報/動作環境

作品番号
RJ187374
ファイル名/ファイル容量
RJ187374.zip / 324.56MB (340323197Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「義妹に薬を飲ませたら――」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

二人の愛を感じる作品

2016年11月23日  せいぶつ さん

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

妹子のことを好きな主人公はひょんなことから手に入れた薬をつかって妹の本心を聞き出そうとする、そんなお話。
絵がしっかり描かれてて、愛のあるエッチがたくさんです。
薬とか出てくると最後は精神崩壊とかよくありますが、最後の最後まで愛を感じられて読破後はいやな気持にならないいい作品でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]