({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年10月22日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
64.45MB

作品内容

全編フルカラーオリジナル母子相姦マンガ!

◆ストーリー
息子の性欲処理が日課となっているお母さん。
今までは息子と二人暮らしだったのでそんな関係も続けられていたが
ある日お父さんが単身赴任から帰ってきた!
もちろんお父さんには内緒の親子関係…
しかし父親が家に居るにも関わらず性欲旺盛な息子は我慢できずに…


前作「日常的にお母さんに出す生活」の続編です。
今作は父親の目を盗んで母子相姦を行う様子を中心に描いています。
絶対にバレてはいけない状況の中、
父親の帰宅前に台所で…トイレで…
シャワーを浴びてる間に…就寝後息子の部屋で…
と息を潜めて行為に励む母と息子。
背徳感や罪悪感を感じながらも息子のお願いを断り切れずに
性欲処理をしてしまうお母さんをどうぞお楽しみ下さい。

全28ページ
(本編フルカラー27P+その他1P)

サイズ 2042×2917

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「日常的にお母さんに出す生活 お父さんに内緒の中出しエッチ編」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 4件

スリリングな状況で

2018年05月05日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!出張から帰ってきた父がいるにも関わらず

2018年02月24日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

学生の息子の旺盛な性欲を処理する母親が
逆に快楽に溺れるというシチュエーションが最高です。
父親が在宅しているにも関わらず隠れてする2人の行為はスリルがあり、興奮させられます。
母子相姦ものが好きな方ならとても楽しめる作品だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!母親も背徳感に染まっていく

2016年10月24日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

息子の性欲処理に付き合っている体の母親が、やはり徐々に感じていってしまうのは凄く興奮します。
そしてバックシーンが多めで良かったです。
父親がまた出張に行った後、息子に好き放題やられてしまう母親が楽しみでなりません。続編も期待してます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!前作よりも「お母さん度」がアップ

2016年10月23日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

前作「日常的にお母さんに出す生活」の続編
とはいえ特につながりを気にする必要はなく単独で楽しめます。

前作における母親のセリフは独白が多かったのですが、
今作では息子との会話が多く「お母さん」といった印象が強くなっています。
母子相姦ものとしてはより一層くるものがありますので
サンプルを見て気になったなら購入して損はないでしょう。

ちなみにジャンルに「寝取られ」とありますが鬱的な要素は非常に薄いので
寝取られが苦手な人にも十分楽しめる作品だと思います

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]