>    >  

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

男の娘であることを理由に同級生の女子たちから虐められ不登校になったボク。
彼女達には再教育が必要だと思ったから催眠術をマスターして学校のみんなを全員催眠で支配してみた。

俺を馬鹿にして虐めの対象にしていた同級生のギャル山内と島田、そしてそれを見て見ぬ振りしていた教師達。
彼女達全員を催眠でマインドコントロールして変態でボクの言うことに絶対服従する肉便器に調教したんだ。
今ではすでにこの学校にいる教師も生徒も大半はボクの支配下にある。
底辺だった俺も今では誰も逆らうことすら出来ない。

ただ一人、
担任の千葉佳織を除いては…。
千葉先生は以前は生徒にも人気の大人の女性だった。
ボクとは正反対のいわゆる「勝ち組」。
そんな千葉先生を催眠で簡単に操うなんてもったいなかった。
だから催眠を使わずに彼女に地獄を見せてあげることにしたんだ。

…数日後。
催眠でボクの手先になった元いじめっ子達に命じて
千葉先生には特別な「指導」をし続けた。
もちろん催眠は使っていない。
拘束して愛する生徒達から媚薬を投与され、道具を使って快楽を与えられて…
イキソウになったらギリギリのところで寸止めをする…それを繰り返した。
フルカラーコミック
(文字有40P+文字無40P+PDF)

作品情報/動作環境

作品番号
RJ185963
ファイル名/ファイル容量
RJ185963.zip / 63.92MB (67029131Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

ボクは催眠で同級生達を支配して全員変態肉便器に変えてみた(フルカラー)の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ボクは催眠で同級生達を支配して全員変態肉便器に変えてみた(フルカラー)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件