同人 > さいおん > 夕這い 逆夜這いで筆おろしされちゃう音声

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年09月18日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

夕這い 逆夜這いで筆おろしされちゃう音声

あなたが生まれ暮らすのは、「夜這い」ならぬ「夕這い」の風習が残る村……
「夕這い」とは、思春期を迎えた男の子の筆下しのために、村の若い人妻が夕刻に奉仕に来てくれること。もちろんその時、両親は家を空ける。
歳頃になったあなたに、ある朝、母が言いつけた、
「今日はお父さんと用事があって出かけるから、お留守番しっかりね。夕方、女の人が訪ねてくると思うけど、その人の言うことはちゃんときくんだよ」
「うん…?」
よくわからないまま家でボーっとしてると、夕暮れの淡い光の中、アナタの家を訪ねてきたのは、和服姿の綺麗な女の人…
「ふふ…ボク…安心して。優しくシてあげるから、全部わたしにまかせなさい…」

耳掻きでゆるゆるに緊張をほぐし、
同じ布団でしっとり添い寝しながら乳首を弄り合い、
お口であなたの一物をねぶりまわし、
跨ってずっぽり筆下ろしまで……

どこか懐かしい田舎の和の雰囲気に包まれて、ゆったり優しく、且つ、しっかり搾りきってくれる、筆下ろし快楽に浸ってください……

01_第一章~前振り 4:13
02_第二章~ゆるゆるほぐし耳掻き 15:47
03_第三章~しっとり添い寝、おっぱい弄り愛 22:01
04_第四章~ねっとり尺八下ろし 16:41
05_第五章~ずっぷり跨り筆下ろし 25:09
06_第六章~余韻。。。 2:37

CV:結姫うさぎ
イラスト:後藤(仮)
ライター:誘宵
ライター監修:楚々里
音声編集協力:AverY

作品情報/動作環境

作品番号
RJ185274
ファイル名/ファイル容量
RJ185274.zip / 129.07MB (135336281Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「夕這い 逆夜這いで筆おろしされちゃう音声」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件