({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

IRON PRIESTが放つR18ノベルゲーム、ついに完成。


「おい、たしかにその女はリサって言ったんだな?」

昼休みになり、俺と小宮山は行きつけの定食屋で昼飯を取っていた。

「ああ、リサって言ってたけど……それがどうかしたのか」

小宮山に昨日のバーでの出来事を話すと、
俺よりはるかに浮世の話題に詳しいコイツは身を乗り出して食いついてきた。

「おいおい、それってもしかして……『幸運の女神』じゃねえのか?」

「幸運の女神?……何だそりゃ」

「リサと付き合った男はみんな幸運が訪れるって、もっぱらの噂なんだよ」

「まさか……都市伝説じゃあるまいし」

「プロ野球選手やサッカー選手、中には政治家や大物タレントもいるってさ」

「はいはい。どうせ、どこぞのインチキスポーツ新聞に載ってたガセネタだろ」

小宮山はチッチと箸を振る。

「ちげえし。言っとくけど、これってマジな話だからな」


CV 口谷亜夜

イラスト めい ぴっぐ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「幸運の女神」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件