({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年09月02日
シリーズ名女装・男の娘
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
62.3MB
動作環境
mp3が再生できる環境

作品内容

【女装したあの子のホントのところ】
再生総時間・68分
声優・恋音

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【画面の中の『彼女』?】
様々な方法で個人が生放送をしたりしている昨今。
とある『お気に入りの放送』で見かけた子は実は女ではなく男らしい。
あくまで『女装してるだけで中身は男』と言い張る雑談放送。

だが、よーーーーく見てみるとどうにも見た覚えが・・・?

女装生放送をしている『彼女?』に一目惚れした『あなた』の悪巧みが今始まる!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【各ファイル説明】

0・諸注意(02分)
1・しょうがないにゃあ・・(19分)
2・先に口出したのはお前!(22分)
3・そこはまだ無理だからっ(23分)

再生時間・68分
ファイル形式・mp3
おまけファイル・各種画像データ(JPEG・PNG)、台本テキスト、作品概要テキスト

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【制作スタッフ】

イラスト・ササマシン
声優・恋音
シナリオ・赤丸
制作・Aボイス

女装したあの子のホントのところの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「女装したあの子のホントのところ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 6件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

フェラチオ(3) 男の娘(2) ソフトエッチ(2) 萌え(2)
おすすめ!演技力

2018年02月08日  

このレビューは参考になった×0人

他の方が仰っている通り、恋音さん演じるヒロイン?の「限りなく男の子に近い女の子ボイス」が作品に合っていて良かった。
Aボイスさんの作品はねっとりとしたキスが特徴的で、今回もねっとりと長時間収録されています。
ヒロインはカメラに即反応してしまったりとノリが良く、作中は比較的楽しい雰囲気です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

女装受けの発展性

2017年05月20日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

皆さま仰られてる通りcv恋音さまの演技がすごいです!
同シリーズ作としては先に「彼女は積極的な男の娘」がありますが、これも伊都あいな様の名演が凄まじく、多くの男性が道を踏み外すきっかけとなりました。(語弊)
今作もその「心揺さぶる声、言葉、息遣いで道を誤らせる」というコンセプトは健在です。
また前作では誘い受けド直球でしたが今作では流され受けという若干回転のかかった変化球になっています。

受けの変化として
元々エロは性欲旺盛な者(仮に男としますが)の為に発展してきたモノであるためどうしてもシチュエーションに独善的なニュアンスが含まれます。

男が受けに迫る、誘われる、のいずれにも男の欲望の矛先として受けがあり、受けは被征服者となります。
征服者としての男は受けに対して罪悪感が芽生えますが、この罪悪感は人を傷つける感覚に近いため敬遠されがちです(それがイイという性癖もあるが)
そのため罪悪感をいかに取り除くか、という事が受けの命題となります。
まずは積極的な淫乱受けがあり、男は仕方なく誘われるままに言わば逆レイプされるので全く罪悪感がありません。
次に無知や気持ちよさそうだからセーフといったグレーゾーン(アウトだよ)がやって来る訳ですが...今作では「自撮りうp系の承認欲求だだ漏れっ子」というスタイルになっています。
本人はそのことを強烈に自覚してはいませんが女装の動機を「チヤホヤして貰えるのかなって考えちゃって」と表現している通り欠乏の心理が見て取れます。そこで男側は欲求を満たしてあげる、という共存関係を感じ少なからず罪悪感が軽減される構図です。
これは只の淫乱より複雑な関係性と言えます。

前作から確実にハッテンしており今後ますます期待できるシリーズだと確信させる作品と言えます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!素晴らしい作品です

2017年03月08日  

このレビューは参考になった×0人

この作品は、男の娘に色々とエッチなことをするというものです。

おすすめなポイントは、ヒロインの声がちゃんと男の子っぽいところです。この点にとても興奮しました。

また、ヒロインのセリフにネットスラングやマンガが元ネタになったものが多いところも面白かったです。

是非、聴いてみてください。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!女装男子とドタバタえっち!(本番ナシ

2016年09月15日  

このレビューは参考になった×3人

まず最初に、えっちの相手は男の子です。女の子でなければ男の娘でもない、男の子。ですが、声優さんは女性で、言動は可愛らしいので声が気に入った方は何の問題も無く聞けるかと。ちなみにボクっ子です。
声は「女の子!!!」な感じではなく「限りなく男の子に近い女の子ボイス」って感じです。だがそれがいい。

女装生放送をしている子とえっち、と聞くと公開えっちと言いますか、えっち配信要素を期待しがちですが、この作品は人気女装生主が知り合いだったので配信外で面白おかしく責め立てて手籠めにしていくといった流れになっております。

この女装っ子の何が可愛いって、表情がコロコロ変わってる感じが非常に萌えますね。慌ててたかと思えばキレ出し、キレてたかと思えば次の瞬間にはしおらしくなり、しおらしくなったかと思えばヤケクソになる、と。早口で喋るのもイイし、ごにょごにょと喋るのも可愛らしい。抱きしめて口を奪いたくなりますね。「ぅぅわかったよぉ!やるよぉ!!」は必聴。体験版で聞けますが
ちょいちょいネットスラングを言うのですが、これがまた可愛くて萌えてしまいます。体験版でも一部聞けるので、是非聞いてみて下さい。

自分はノンケだと騒ぐ女装っ子を徐々に徐々に引きずり込んでいくストーリーはティッシュ(意味深)無しには聞けません。えっちシーンではしっかり女の子になってる女装っ子には興奮せざるを得ませんでした。かなり下半身にクる台詞がちょこちょこ挟まれてるので先走らないよう注意して聞いてください。「わかった、しんじる・・・」で私の興奮は最高潮。その後の展開には興奮が振り切り、流石にヤられてしまいました。作品内ではヤってる方ですが。

えっちしてない時もえっちしてる時も超絶可愛い女装っ子を是非楽しんでください。

最後のセリフの後ナニがあったか気になるので、続編を一生期待して待ってます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

縁の無さそうであるかもしれない夢のあるお話

2016年09月07日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

とってもかわいいライブチャットアイドル登場!今日も再生回数は神クラス!!
…かと思いきや同級生に即バレして本性が出ちゃうとかいうスピード感のあるギャグみたいな展開から幕は開けます。

昨今の女装した男の子を主役にした音声作品といえば、やはり皆望むのでしょうが(私もですが)
キャラクターの声はロリロリしく可愛らしい女の子ボイスであるべきだと思ってました。思ってましたよ。
しかしこの作品はちょっと違った。すごく男の子に近いボイスでした。
かなり挑戦したなぁと思います。おかげでインモラル感ハンパ無いです。
抵抗しながらキレながら男の子は主人公(あなた)の執拗な攻めから逃げようとします捕まります。
徐々にドハマリしていく過程が楽しめます。最後はすっかりメスの声です。

大興奮なフェラシーンもバッチリありますよ!どちらのとは言いませんが。
次回はお尻もしっかり捧げちゃうシーンからよろしくお願いします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ありそうで無かったタイプ

2016年09月05日  

このレビューは参考になった×1人

ノンケ(?)の女装っ子にバイな主人公が猛アタックを仕掛ける… 言葉にすると割とありがちな気もしますが、音声作品としては珍しいかも。
男の子のノリが軽く、ギャグっぽい雰囲気も強いですが、エロシーンはしっかりとエロく、体験版で声が気に入ったのならばオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]