同人 > ウィルテイム > 偶然と勘違いから、最強の女エルフ騎士に惚れられた底辺戦士の俺

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

ウィル王国の士官学校を最低成績で終えたマイルズ。当然一兵卒。しかも、ろくに役に立たない。
そんなマイルズが、金色の舞踏騎士と呼ばれる騎士団長の女エルフのセリアを助ける。
完全に偶然だったのだが、セリアは勘違いをしてマイルズを最高の勇者と賞賛し、惚れたと言ってくる。
女の役目は強い者の子を残すこと。そう言ってはばからないセリアは、最強の勇者と勘違いしているマイルズの命令には絶対服従してくれる。
どのような命令もマイルズの都合いいように解釈し、決して嫌がらないセリアに、マイルズは様々な欲望をぶつけていくのだった。


原画 : 音月もづく

シナリオ : 鳴沢巧

CV : 長瀬ゆずは

登場人物

 ウィル王国で歴代最年少で騎士団長を務めるエルフの女性。処女。類稀な美貌と身体能力を持つ。
 元来エルフは魔法を得意とする種族なのだが、極稀にセリアのようなタイプも生まれる。優れた剣技と魔法能力を所持している。
 自信が過信に変わり、戦場で窮地に陥った際にマイルズに助けられ、そこから勘違いをしてマイルズに惚れる。
 マイルズに惚れて以降は、彼に尽くすのが自分の使命だとまで思うようになり没頭する。
 性交や自慰経験どころか、現在まで恋愛経験すらない。スリーサイズは上から90-59-87

一部シーン紹介

偶然と勘違いから、最強の女エルフ騎士に惚れられた底辺戦士の俺 [ウィルテイム]

セリア「ああ……私の体が変だ。熱くなって、痛みがいつの間にか、痺れるような……はう、ンンン……はあ……」
 訓練をサボってるのを見つかった際に浴びた怒鳴り声とは、何もかもが違っていた。
 切なくも快感を得ているような喘ぎ。
 恥ずかしさと興奮が混じり合った吐息。
 セリアの見せる表情や仕草のひとつひとつが、まるで愛撫となり俺の性欲を刺激する。
マイルズ「駄目だ。腰の動きを押さえられない。本気で……全力で犯していいですか」
 今度は優しくしてほしいと言われなかった。

偶然と勘違いから、最強の女エルフ騎士に惚れられた底辺戦士の俺 [ウィルテイム]

マイルズ「くあ、あああ……セ、セリア、も、もう……」
セリア「限界か? しかしまだ駄目だ。射精は許可しない。わかったら返事だ」
マイルズ「うああっ! わ、わかった! くうう!」
 勝手に返事をしてしまう。厳しいセリアを知っているだけに、今の態度はよく似合っている。
 鋭い眼光で睨まれると、それだけで何も言えなくなる。
 だが恐怖はない。セリアは俺を睨みつけながらも、乳首を舐めてチ×ポを手コキしているからだ。
セリア「舌で嬲るだけで、お前の乳首は大はしゃぎだな。どこまで勃起させるつもりだ」

偶然と勘違いから、最強の女エルフ騎士に惚れられた底辺戦士の俺 [ウィルテイム]

 俺の精液を綺麗に舐め取ったかと思ったら、今度はセリア自身が作った愛液の染みがのこる。
セリア「そ、それなら、また掃除を、しなければ……わ、私の舌で。自分のマン汁を舐めて……はうっ、うううっ!」
マイルズ「その時の光景を想像して、興奮したのか。とことん変態だな。だが、そういうのも好きだぞ。俺の女には相応しいな」
 俺がそう言うと、セリアは花が咲いたような笑顔になった。
セリア「女なら、愛する男の求めに応じるのは当然だ。嫌がるなどありえない。私にとってはすべてが喜びに変わるのだから」

偶然と勘違いから、最強の女エルフ騎士に惚れられた底辺戦士の俺 [ウィルテイム]

 罵りと嘲りの言葉を四方八方からぶちまけられ、羞恥と興奮でセリアは反射的にアクメした。
 しかも失禁のおまけ付きだ。
セリア「ひあ、あ……イ、イってるぅ。たくさんの人が見てるステージで、お漏らしをしながら……んひっ、ひいィン」
 膣内に侵入させている男根が、急速かつ強烈に締め上げられる。
 絶頂に伴う緊縮で、危うく精をほとばしらされそうになった。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ183754
ファイル名/ファイル容量
RJ183754.zip / 108.38MB (113640509Byte)
CPU
PentiumIII-500MHz以上
メモリ
256MB以上
HDD
120MB以上
VIDEO
800x600 ハイカラー(16bit-Color)
DirectX
9.0以降
その他
DirectSound対応サウンドカード

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「偶然と勘違いから、最強の女エルフ騎士に惚れられた底辺戦士の俺」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件