同人 > ボトムズ > バブみ女王様の尊きロリ母性にオギャり狂いながら溺死する物語

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

※このさくひんのとうじょうじんぶつはぜんいんじゅうはっさいいじょうです


【あなたのママ】


1○歳。
家庭的で温厚な性格。
恐らく頭の発育は相当進んでいるが、育ちが良い為それを誇示することはない。


母親が趣味で営んでいる高級犬のブリーダー業を手伝っている為、『動物の躾け方』を理論と体験の両面から熟知している。


ヒロインはサディズムを微塵も持ち合わせていないが、
学校で早熟なグループに属しているので性的情報には年齢相応以上に精通している。
(ちなみにスクールカーストはかなり高い。)


興味が無いだけで、SMやら露出やら風俗店やらの概念は全て知っている。
更には、それらについて無知を装う事のメリットも把握しているし、
実は知っている事を告げる事が相手に与える衝撃度も熟知している。

一人称はわたし。
最後は自分を「ママ」と呼ばせる。
視聴者に対する二人称はМ男君(えむおくん)。


一切支配的な言動を行わないが、「服従する事に対するの許可」は快く出すし
「どんな風に支配されたいか」も懇切に聞き出してくれる。



【目次】

01.ほーらママでちゅよ~♪
02.ん? 大人ごっこはもう終わりかなのかな?
03.こころをこしょこしょ♪
04.いちゃらぶせっくす
05.ままのじゅにゅうてこき♪
06.おまえはだめなこ♪
07.ままのこもりうた



【作品時間】

65分29秒


【キャスト】

声 あちゅか@
文 十七星
絵 フローレンス・ハムシマ
http://jackhamster.flavors.me/
曲 Senses Circuit
http://www.senses-circuit.com/

作品情報/動作環境

作品番号
RJ183047
ファイル名/ファイル容量
RJ183047.zip / 990.81MB (1038943427Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「バブみ女王様の尊きロリ母性にオギャり狂いながら溺死する物語」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

男性受け(2)

おすすめ!ボトムズさんの作品の中ではかなりマイルド

2017年08月23日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ボトムズさんの普段のハード系から一線を画した、バブみ溢れる音声作品。
逆転も無碍なオチもなく、心の底から安心して赤ちゃんプレイを楽しめる良作です。
バブみ女王様の達観した優しさが素敵でした。
音声作品にBGMは不要だと思っていますが、この作品に限ってはシチュエーションにしっかりマッチしており、BGM有でもかなり楽しめます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!バブみを感じる

2016年11月26日  

このレビューは参考になった×0人

まさにバブみを感じます。
このような赤ちゃんプレイ作品は、比較的大人の女性にあやされるというのが多いですが、この作品は少女にあやされます。そこがまたたらまらないです。
こんな小さい子に甘えられるなんて最高です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!まさに「バブみ」

2016年10月28日  

このレビューは参考になった×1人

「バブみ」とはもともと年下女性に対して母性を感じることですが、最近そうでないものもよく見受けられます。
しかし、この作品はまさに年下女性(少女)に母性を感じる「バブみ」そのものであり、「バブみ」の魅力をふんだんに感じられる傑作となっております。

まず、声優のあちゅか@さん。前から存じ上げており、とても可愛らしい声をしているなと思ってましたが、これほどまでバブみを感じるとは。可愛らしくてロリロリなのに、溶かされて全てを崩されてしまうような感じ。
そして、年下少女(ロリ)の母性に屈服してしまうという背徳感。「マゾ」と言われつつも、そこまで痛くはなく、むしろ包容力すら感じる言葉責め。

まさに「バブみ」のすべてがつまった一作です。是非ともお試しあれ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]