同人 > 黒輪舞曲 > エンジェリックナースアイ > エンジェリックナースミオIII~淫辱の魔宴~

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

あらゆる生物に寄生し、怪物に変えてしまう寄生生物バグとフィティッシュな変身コスチュームに身を包んだナースヒロインたちの戦いを書いた。オリジナル変身ヒロイン成人向けノベル作品になります。

こちらの作品は、前作『エンジェリックナースミオII~敗辱の天使たち~』の続きになりますが、登場人物の紹介、前作までのあらすじを収録。また、エロシーンは章内で完結しており、こちらの作品のみでも楽しめるものとなっておりますが、前作と合わせて読んで頂けるとさらに楽しめると思います。

本作は、Pixivでも公開しているエンジェリックナースミオの本編、7章~エピローグの修正版を収録。
また、この作品書き下ろしになるショートストーリーを三本収録。
1ページ文章二段構成、合計文字数7万文字超え、表紙(表紙裏)込みの66ページとなっております。

ノベル:ヤミヨ
表紙、挿絵:じょんたけ
ゲスト(SS挿絵):しらそ、まったん、たなべ

こちらの作品はコミックマーケット90(2016/08)に頒布されたものと基本は同じになりますが、キャラクター紹介のページがカラーverとなっております。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ182158
ファイル名/ファイル容量
RJ182158.zip / 58.32MB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

エンジェリックナースミオIII~淫辱の魔宴~の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「エンジェリックナースミオIII~淫辱の魔宴~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

おすすめ!今回はレズメイン

2016年12月26日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ミオシリーズ三作目。異種姦やレズ責めが大変素晴らしい挿絵と文章で楽しめるこのシリーズですが、今回は満を持してのレズ責めの大盤振る舞いです。
最初のフタナリにされたアイへの責め、レナとミオの風呂場での百合、そしてミオへのレズ責めと大満足。
おまけも豪華でレズ以外が好みの方も一見の価値有りです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

焦らしは健在

2016年11月30日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

三作目となる今回も焦らしなどの、ねっとりとした責めは健在です。ハードなのが苦手なので、こういったじっとり焦らしながらの責めはツボです。今回は触手もあり、異種姦好きの人も満足できると思います。焦らし系が好きな人にはぜひ読んでほしいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

待ちに待ったシリーズの第3章。

2016年08月21日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

「エンジェリックナースミオ」編、完結章である。
シリーズ自体はまだまだ続編が期待できそうなので、
そこはご安心いただきたい。

エロは恒例の快楽による性籠絡で、そこのじっとりとした
描写は相変わらず健在だ。焦らしと責めの緩急のつけ方が
絶妙で、ファンの方も、このジャンルに疎かった方も
「変身ヒロインピンチ」を楽しめることだろう。

今回は本編中のシチュが悪堕ち・レズプレイなど、
女の娘同士の絡みがメインとなっている。しかしながら、
他にストーリー外伝が複数あり、そちらでは触手などの
異形の者たちにいじられている彼女たちが見られる。
内容もマニアックなのも好い。

ゲストもヒロピンの名手たちなので、本編同様に外伝も
描かれる痴態を味わって頂けたらと思う。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]