({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年08月13日
シリーズ名催眠駆逐姦《べんきだよ。シリーズ》
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
イベントコミックマーケット90
ジャンル
ファイル容量
30.12MB

作品内容

ひ「? 何だいそれは」
t「これはペンジュラムと言ってなー」
 「これを使えば相手の深層心理に催眠をかけられるんだぞ」
ひ「ふーん…」
t「信じてないな?…試してみるか?」

《些細な好奇心と小さなきっかけが、一隻の駆逐艦娘を『便器』に変えた――》

t「……男子便所でナニやってるんだ?」
ひ「?私は便器だよ?からかっているのかい?」

《催眠により、自身を『便器』と思い込まされた駆逐艦『●響』。》

ひ「ッ……っどうだい、使い心地は。」
t「すご…ッ…!」
ひ「さぁ、奉仕するから全部ひり出してくれ。」

《喉奥で、秘部で、肛門で。全身で精を受け止めるたび》

「私は『便器』。その括約(かつやく)ぶりから、『肉便器』の通り名もあるよ」

《『催眠』は『真実』となる。》

◆この作品は、2016年8月13日開催『コミックマーケット90』初版作品です。

べんきだよ。の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「べんきだよ。」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

催眠(2)
おすすめ!便器だから仕方ないね

2017年03月23日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

催眠術で肉便器になった駆逐艦のお話

完全に肉便器だと思い込んでおり、肉便器として使用されることを望み、気絶するほど感じていながら表面的にはあくまで静かだ
モノとして扱われることを望む姿が肉便器感を増幅させており、派手ではないが独特なエロさを感じさせる

お手頃価格でしっかり28Pとお得な一品なので、サンプルが気に入ったなら試してみて欲しいですね

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

これはいい催眠!

2017年03月21日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

まさか本当にかかるとは思ってなかった催眠でやっちゃう作品!
自分を便器だと認識し、便器らしく行動する様はもの凄くツボを押さえている!
内容が長すぎも短すぎもせず、ちょうど良い長さなので、『程よく』読み終わる!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]