({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年07月28日
最終更新日2016年07月30日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
94.42MB

作品内容

ロボ三姉妹のうち二人が人類への反抗心に目覚めた!
だがプログラムに縛られ行動強制&即敗北!
ロボ娘達が様々な職場で弄ばれるオリジナル漫画です。
全6話+α収録、表紙込50ページ超。

1~2 奴隷奉仕、見世物姉妹セックス
3 オムツ、赤ちゃんプレイ
4 擬似石化、下着被り、電気あんま
5 獣姦、四肢破壊
6 無限くすぐり&絶頂、配信晒し敗北宣言
オマケページには羞恥芸等も有

長女アニエス:勝気。人間をゲスと思っている
次女コレット:上品。人間を無能と思っている
末っ子ノエミ:女性型だが男性器有(早漏短小包茎、睾丸無し)

バージョンアップ情報

  • 2016年07月30日
    誤字脱字修正内容追加
    イラスト一枚追加、及び誤字やトーンミス等の軽微な修正を行いました。
  • 2016年07月29日
    誤字脱字修正内容追加
    誤字修正及び、ページ追加を行いました。
    見開き閲覧時の調整用ページの追加ですので、本編内容そのものには変更はありません。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ロボットプロレタリア~反抗心に目覚めたロボ娘達と、その挫折~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

羞恥責め特化

2018年10月16日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

反抗心に目覚めたロボット娘たちが人間に逆らうも逆に返り討ちにされてしまうという内容で、羞恥系特化のハードな責めが多彩に繰り広げられます。
徹底的に自尊心を奪われてしまうロボット娘たちの末路に興奮できます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!初見は斜め読み推奨

2017年07月01日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

まともに読むとダメージを受けるレベルで、ロボット3姉妹がえげつない恥辱を味わうお話です。もうヤバい。可哀想。なのにクセになる(笑)
「あーこれで終わりかー後味悪いBADENDだったなー」と思ったところから、さらに恥辱。あくまで彼女たちはロボット=商品ということをフルに使って、これでもかというくらい徹底的に尊厳を破壊されていきます。

いわゆるロボット三原則によって、どんなに反抗しても心では低脳な人間を憎んでいても、体は勝手に従順になってしまう。というか体そのものが実は、セクサロイドとしての機能が最初からついている。
なので催眠姦よりお手軽で、えげつなさは倍増。
だからこそ初見は斜め読みを推奨します。まずは単純に辱められる3姉妹の痴態を楽しんでから、2回目以降でじっくり読むべきでしょう。

意外とボリュームのある作品ですが、お得というより「そこまで辱めたいか」と執拗な責めに圧倒されてしまう作品です。
あ、もちろんエロ描写は良かったです!
女子学生の教材として好き勝手にいじられて顔にパンツ被らされてるシーンとか最高でした。
ロボットと言ってもパーツとは別に服を最初は着ていて、頭脳労働にも適応できるように恥の概念をインプットされているとか、設定がしっかりしているのでロボロボしいのは興奮しないという人でも大丈夫でしょう。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]