>    >  

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

<あらすじ>
近所で評判の美人資産家、真奈美。お金に困らず恵まれた環境とは裏腹に家庭事情は複雑であった。
主は最近病気で他界し、大きな家に真奈美ひとりが住んでいる。
そんな彼女を気遣ってか、近所に住んでいる叔母の奈保子がよく家に遊びに来ていた。
子供がいない真奈美は、近所の子供をとても可愛がっていた。聖也もその一人。
品があって優しさにあふれた真奈美に、聖也は小さい頃から叶わぬ恋心を抱いていた。

一方主人公の聖也は、落ちこぼれ就職浪人生。アパートで一人暮らしをしながら大学に通っている。
異常なほどの性欲と性癖をもった聖也は、付き合う彼女とは様々な変態プレイを楽しんできた。
しかし、ここ数ヶ月は彼女は居らず、シングルで寂しい日々を送っていた。

ある日、パソコンで掲示板を閲覧していた聖也は、ふとある画像に目が止まる。
それは恋心を抱いていた”真奈美さん”だった。
これを機に”真奈美”に対する恋心と同時に異常なまでの性欲湧き上がる。

真奈美を想い、悶々とした日々を送っていた、そんなある日……。


★爆乳熟女×催眠による濃厚なエロシチュエーションの数々をご堪能ください★


原画:猿野/はならに福乃丘
シナリオ:宮原崇友
声優:伊東もえ/霜月優

登場人物紹介

真奈美(cv.伊東もえ)

登場人物紹介

奈保子(cv.霜月優)

作品情報/動作環境

作品番号
RJ181147
ファイル名/ファイル容量
RJ181147.zip / 549.05MB (575722196Byte)
CPU
CORE i7以降
メモリ
256MB(推奨:512MB以上)
HDD
500MB以上
DirectX
7.0以上(推奨:9.0以上)
その他
WindowsMediaPlayer7.0以上

催眠熟女~変態交遊録~の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「催眠熟女~変態交遊録~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

おすすめ!むちむちの熟女ボディがイイ

2016年12月26日  名無し侍 さん

このレビューは参考になった×0人

貞淑な熟女を催眠のチカラで淫らな
娼婦に早変わりさせる今作。

肉感的、かつ巨乳好きな方なら
是非プレイしてみて損は無い仕上がりに
なっていると思います。

値段的にもリーズナブルなので
オススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!貞淑だけど内に秘めてる未亡人と実は淫乱な叔母の乳が規格外

2016年07月27日  穂積 さん 投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

一言に催眠と称しても種類が微妙に分かれると思います。
感情すら失って命令を機械的に服従させるタイプとか、感情はそのままで体だけ操るタイプとか、それぞれに性的な一長一短がある中で、本作は「催眠と言うより記憶改変に近いタイプ」とでも言うべき内容です。
例えば十数年ぶりの再会したはずの主人公を同棲中の男と思わせ、ベッドを共にしても不思議に思わず、朝チュンからの朝食の用意までしてくれる甲斐甲斐しい間柄に変えてしまうのです。
一方で、自我はしっかり残っているので、要所要所で恥じらいを見せつつも、さも当然のように従ってくれる、女としての可愛さを失わずに従順な催眠です。

ヒロインの一人「未亡人」は特大バストの超絶美人でありながら、男を寄せ付けず、貞淑そうな外見からとは裏腹に女盛りの抑えきれない性欲を内に秘めていました。
催眠によって懐に入った主人公はその事に気づいて、あえて催眠を使いすぎず、彼女自身の欲求を開放させるような手法で、お淑やかな美女が自分から雄を求めるギャップを楽しみます。

もう一人のヒロイン「叔母」は真面目なキャリアウーマン然としていながら、脱がせてみると大胆な下着が象徴的に性に貪欲な女で、催眠前後での硬軟の落差に驚かされます。
こちらも夜の生活がご無沙汰で体を持て余しいると同時に元から性欲が強く、催眠による主従関係を押し返すほどの凄まじい淫乱さが爆発しています。

ただ、これらは食材の味付けに過ぎません。
何といっても最大の見所は巨大なくらいの乳です。
絵の構図として一時的なものではなく、Hシーンでも太腿に乗っかる乳とか、男の棒を挟めば埋もれてほぼ見えなくなるとか、巨大さが随所で際立っています。
さらに、これが孕むと破壊力が桁外れで、抱き心地の良さそうな女体を全編で味わう事が出来ます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]