({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年07月01日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
68.6MB

作品内容

ヘンテコな箱を拾ったその日にリアルな感覚の夢を見る。
膨乳しまくるスク水ロリ。 欲は果てなく、そのサイズは山となる。

基本10枚、差分込で57枚

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「色欲の箱・好水超乳・終」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

スク水なんかに収まらない圧倒的な質量の暴力

2018年07月14日  

このレビューは参考になった×0人

ロリ超乳な女の子とひたすら膨乳させながらやりまくります。

最初はぺったんこなスク水の姿から爆発的にサイズアップさせていくので、貧乳の状態から最終的な大きさになるまでの膨乳過程が楽しめると思います。

作品に登場する二人のロリによる膨乳に対する反応の違いも楽しめることもポイントだと思います。
小さい容姿が快感に悶え喘ぐ姿を楽しむもよし、小悪魔のようにからかいながら容赦なく攻めてくる姿を楽しむもよしです。
どちらにせよ超乳という大きさの枠を大きく拡張させてくれるほどの膨乳をします。
なので大きければ大きいほど良いという方には堪らないのではないでしょうか。

ということで言葉通り山のように膨らむおっぱいに圧倒されたい方、ロリと超乳というアンバランスな組み合わせが好きな方におすすめします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!水辺にそびえる肌色の山

2016年07月02日  

このレビューは参考になった×0人

おなじみ、ぴよころたさんの超乳ものです。
ロリ超乳ものですが、前回のなんかデカイ(以下略)でも登場していた魔女が登場しております。

そして、登場するのはロリ系少女ですが乳のサイズは大人キャラ顔負けの超絶ギガサイズです!

舞台はプールでしたがその超巨大なおっぱいはまさに肌色の山岳といっても過言ではないほどのサイズです!

普通のサイズじゃ物足りない!ロリ超乳最高!ギガサイズおっぱいウェルカム!!!
そんな人は迷わず買うのをお勧めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

今に始まった話じゃないがメートルで表現するのは無理なサイズ

2016年07月02日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

本作に登場する女の子は2人、どちらもロリロリしい頭身で、どちらも登場時は平坦な胸板をしています。
しかし、それが風船に空気を入れるように、というかゴム風船に水を押し込むように、柔らかそうな曲線を描いて加速度的に膨張していきます。
少女自体が小柄なせいもあって、膨張第一段階ですでに本人の身長に匹敵する直径の双球に膨れ上がって、必然的に第二段階以降は乳を地面に接地して少女の骨格の方が肉の上に乗っかる体勢になります。
肌色の山脈の上でロリが顔を引きつらせて、乳からはミルクを、股からは男が出した物の逆流を盛大に噴出する狂乱の光景が広がります。
おっぱいを揉みたいを越え、おっぱいに挟まれたいをも越え、おっぱいに埋もれたいをも越え、デカすぎて手におえないおっぱいを見渡したい人向けの作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]