>    >  

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■あらすじ■

時は現代から数百年前。
自由都市クーネルマルク。
経営に苦しむ一軒の花屋があった。

花屋の一人娘のであるオリヴィアは
家計を助けるために日々一生懸命働いていたが、
あるとき唐突な物価高騰が起こり、
花屋を続けるのが困難になってしまう。

そんな時、母から
ある富豪の家に花を届けるように言われるオリヴィア。
いつもどおり配達をするオリヴィアに待ち受けていた物とは・・・。


■システム■

営業先一覧からどこへ行くか選んで仕事をするシンプルなシステムです。
基本的にはほとんどがHシーンでRPG的な面倒な要素は一切ありません。
仕事をする度に娼技スキルが追加されます。
一定レベルの娼技スキルがないと選択できない営業先もあります。
※体験版ではプレイできる営業先が制限されています。


■操作説明■

【既読文章バックログ】
Aキーを押すとバックログを見返すことができます。
スクロールは↑↓キー。
Xキーでバックログ終了。

【ウィンドウ消し】
Wキーでメッセージウィンドウを消せます。
消した状態でのメッセージ送りも可。

【回想】
Hシーンを見返したい場合
メニュー画面のスキル⇒アルラウーネスキル⇒思い出す


■原画・CG■
神山響


■声の出演■
秋野かえで


■制作■
ヒラメダコ

この作品はRPGツクールVXAceを使用して制作しています。
ご質問等ございましたら、ブログの方にコメントをお願いします。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ177507
ファイル名/ファイル容量
RJ177507.zip / 654.26MB (686040046Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「緑のアルラウーネ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

演出はかなり良好ですが…

2016年08月06日  クロボン さん

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

サークル様の紹介にもあるように、RPGツクールVXAceを使用したADVとなります。ゲーム性的には、一昔前のヒロイン育成(開発?)型ADVの発想をリスペクトしたかたちになりますので、UIや目的は大分異なりますが、DLsite様でもかなりの人気を博している『奴隷との生活 -Teaching Feeling-』 と同じ骨格(筆者は両作品ともに『萌日記』という作品を連想しました)の作品とみてよいかと思います。ただあちらが、ダークファンタジー+一昔前のADVという皮を被った、現代的なストレスの少ないイチャラブ作品であるのに対し、本作は、正真正銘のダークファンタジー+一昔前のADVとなります。なので、心が弱っているときにプレイすることは、おすすめできません。
本題のADV面ですが、良くも悪くも一昔前のADVのメリット/デメリットを引き継いでいるかな、と筆者は感じました。メリットとしては、紙芝居型のADVと異なり、プレイヤーが試行錯誤できるので、ゲームとして能動的に楽しめるという点です。なので、そのようなトライアルアンドエラーが好きな方にとってはおすすめの作品です。演出面もCVありで良好でした。
逆にデメリットとしては、ある程度ゲームのシステムを理解してしまうと、途端に作業感が増してしまう、という点です。流石に『萌日記』をプレイされた方はあまり多くはないと思うので、『キ○キス』『ア○ガミ』といった作品群を想起していただければと思うのですが、結構な頻度で同じ演出のシーンをみることになります。なので、それらの作業感が苦手な方は回れ右です。
また、本作が特徴的なのは、育成の方向が択一ではなく、究極的には全方向に広げることができる点(例えは微妙ですが、F○Xのスフィア盤みたいな感じです)だと思います。なので、何週もリプレイする必要はなく、1周のプレイでフルコンプできる点は良心的です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]