同人 > 六道屋 > 超乳軽巡洋艦天龍 先生はママの味

DLsite専売

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 六道屋フォローする
販売日 2016年04月10日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
  • この作品をダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はmacOSには非対応です。 macOSでは閲覧できませんのでご注意ください。

作品内容

初めは第六駆逐隊の引率に乗り気でなかった天龍が即堕ちならぬ即デレし、駆逐艦の一挙手一投足に母性本能を擽られミルクを噴射と膨乳を繰り返す。
駆逐艦に愛されながら母乳噴きまくり天龍イキまくりだけど可愛い駆逐艦には手を出さない甘々おっぱいCG集。

登場人物は天龍・暁・響・雷・電
提督等の男性は登場しません

全シーン膨乳差分あり
基本CG6枚 セリフ差分込み114枚
1280*720のJPGファイル

具体的なシチュエーションは
母乳噴射、膨乳、乳首肥大、搾乳、搾乳機を乳首へ挿入、超乳膝枕授乳、駆逐艦による超巨大乳首への全身ズリ等いつも通りおっぱい攻め中心となっております。また、膨乳の最大サイズは片乳が体の役十倍以上となります。

おっぱいが好きな方で攻勢に出ないやられっぱなしの天龍が好きな方にはオススメです

追記等がある場合はブログで行っております
http://b.dlsite.net/RG09624/

流血・破裂等のグロはありません

作品情報/動作環境

作品番号
RJ175083
ファイル名/ファイル容量
RJ175083.zip / 58.89MB

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「超乳軽巡洋艦天龍 先生はママの味」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

汁/液大量(2) 母乳(2) 搾乳(2) 複乳/怪乳/超乳(2)

超乳からの母乳噴き出しがたまらん!!

2017年03月15日  

このレビューは参考になった×0人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

愛しい駆逐艦達を想うたびに母乳が増産される体質

2016年04月12日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

一人称が俺で、ぶっきらぼうな姉御肌の態度が男勝りな印象でありながら、年少組に対して優しく歳の離れた姉または母のような安心感を兼ね備えるギャップを搭載したキャラクターです。
その属性が母乳によって目に見えて強化されています。
庇護する駆逐艦の事を考えるだけで、彼女の中で母性が高まり、母乳が量産され、内容物の増量に伴って乳房自体も巨大化し、盛大に噴出し、それを駆逐艦が嬉しそうに飲んで、その姿を見てまた興奮が高まり、母乳が増産される、エスカレート加算型ループです。
男相手に興奮すると淫乱な印象を受けるかもしれませんが、ロリロリしい妹分を想っての事なので、もっと清らかな母性的興奮として映り、再度そこで俺口調とのギャップが際立つわけです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]