({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年04月06日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
617.8MB

作品内容

●製品ファイル内容

台本(txt)
四名分の本編音声(wav・総再生時間合計189分)

●作品紹介

季節は冬、お外では今日も雪が降り積もっています…。
今朝はとても冷えているので、兄の身体を気にかける妹、「凛夜(りよ)」。
心配した凛夜は、兄を胸の中で抱きしめて温めてくれます。
温まった後も離さずに…、むしろぎゅっと強く抱きしめてくれます。
この妹は、相当兄のことを偏愛しているようです…。
妹の凛夜に、「愛し温めてもらう」ことがテーマの音声です。

「暖かくなったら、きっと一緒にお出かけしましょうね…、お兄様。」

本作では、「同じ台本を最初から最後まで通し」で四名の声優様がそれぞれ演じています。
各声優様に、各々違ったキャラクターの演技をお願いしました。
総再生時間は合計で3時間越えとなっております!

○桃華れん
「しっかりした大人で清楚な妹」
作品タイトルにもっとも近いかと思います。
タイトル通りに、とても優しいお声でお世話をしてもらえます。

○瑞希ましろ
「上品でお嬢様な妹」
気品の高いお嬢様なお声です。
本編中の「妹があやして甘やかしてくれる」セリフの箇所で、他の声優様にない「歌うような演技」があることも特徴です。

○山田じぇみ子
「可愛らしい小さい妹」
幼い声で、頑張って尽くしてくれます。
他と比べて、セリフを読むのがゆっくりめです。

○秋野かえで
「自然で純朴な妹」
素の感じな演技です。
こちらに語りかけるかのように、優しく朗読してくれます。

●サンプル音声について

聴き比べ用、トラック1→2→3→5の順に抜粋
シナリオ確認用、トラック4→6→7→8の順に抜粋
の二点を同梱しております。

聴き比べ用のサンプルでは、「同じセリフ」を「それぞれ四名の声優様が順に」読み上げる形になっています。
(シナリオ確認用では、セリフを読むのは一名のみです)
桃華れん→瑞希ましろ→山田じぇみ子→秋野かえで
の順になっております。

四名の声優様が順に同じセリフを読み上げてくれますので、ぜひ違いを聴き比べてみてください!
(ただし編集の都合上、最初の桃華れん様以外の方では、一部のセリフを省略しています。)
サンプルに使用されている音声は、全て本編音声から抜粋したものです。

●各トラック内容

トラックの長さを示す()内については、桃華れん様の音声に準拠しています。
他三名も、同程度の長さです。

1.朝、妹の胸の中で ~ずっと抱きしめてあげますからね、お兄様♪~(6:29)
いつも通り、ベッドで兄と一緒に寝る凛夜。
途中で目覚めた兄を、凛夜はその胸の中で抱きしめて再度寝かしつけます。
寝かしつけた後も、目が覚めた後でも…、ずっと抱きしめてくれます。

「もう起きられますか? …そうですか♪、ではもう少し、こうやって抱きしめて差し上げますからね♪ ん…、チューですか、お兄様♪」

2.おはようのキス ~二人の唾液で、たっぷりと透明な愛の糸を紡ぎましょうね…♪~(5:41)
ベッドの中で、何度も唇を重ね合う二人。
くちびるの「ぴちゃっ…」という音から始まって、「れろれろ…」という舌だけの音に…。
最後に凛夜は、そのお口で激しいバキュームをしてくれます。

「凛夜が…、お兄様の唇にブチュウゥゥ~♪と吸い付いて、ブボボ♪っと唾液の一滴まで吸い尽くしてあげますからね♪」

3.朝のご挨拶、「お慕いしております」 ~あらにいさま、おトイレは大丈夫ですか?~(7:08)
「おはようございます」の挨拶から始まり、「永久(とわ)の愛を誓います…♪」と愛の言葉をつむぎます。
「兄の(仮の)妻だ」という妹…、「凛夜が一生お世話してあげますからね♪」と、加速する兄への偏愛…。
その間にもずっと兄を気遣う凛夜は、もぞもぞとする兄に、おトイレへの付き添いを申し出ますが…。
妹の過激で過保護な言動を楽しむトラックとなっております。

「…とんでもございません! 凛夜の挨拶とお兄様のおしっこ、どちらが大事だとお思いですか? …お兄様のおしっこの方がずっと大事に決まっていますわ!」

4.お着替えのてつだい ~おち○ちんぽかぽかしてあげますね♪~(2:06)
お着替えをてつだう途中で、兄のおち○ちんとおタマタマ袋(ぶくろ)が冷えて小さくなってしまっていることに気づいた凛夜。
優しく手のひらで包み込んで、温めてくれます。

「おち○ちんぎゅっぎゅ~♪、あったかいあったかい♪」

5.朝ご飯 ~お兄様、あ~ん♪~(1:53)
愛情たっぷりの手料理を、凛夜が「あ~ん♪」してくれます。

「おにいさまぁ~ん、お口をあけて…。はい、あ~~ん♪ もっと? はい、あ~~ん♪」

6.雪景色 ~ずっと一緒ですからね、にいさま♪~(3:13)
今日もおうちでふたりきり。
いつか外の雪がやんで、暖かくなるその日まで…。

「一面雪に覆われた大地と、真っ白の吹雪に遮られて、見えることのない空…。」

7.おキ○タマのお世話 ~おキ○タマラブラブ…♪ 「躾け」も妻の役目ですわ、ペチンッ♪~(7:18)
おち○ちんのお世話の前に、まずはおキ○タマのお世話から。
気持ちよくザー抜きできるように、凛夜のお手々で優しくあやし、おキ○タマごとお精子を温めてくれます。
「たくさんお精子、つくってね♪」と応援までしてくれます。
甘やかすだけでなく指先で「ペチンッ♪」と弾いて、「躾け」もしてくれますが…。
「ペチンッ!」と少し強くしてしまい、激しく落ち込む凛夜…。

「おキ○タマを妹に躾けられて喜んでしまう変態にいさまには、もっと厳しい躾けが必要なようですね♪」

8.おち○ちんズリズリ ~おち○ちんしこしこしゅっしゅ♪~(4:13)
「しこしこ♪」「しゅっしゅ♪」「しゅこしゅこ♪」…と連呼して、お子種を漏らすまで導いてくれます。

「親指と人差し指でまあるいわっかをつくって、おち○ちんしこしこです♪ いつでも凛夜の手のひらにお漏らしくださいね♪」

9.昼のご挨拶 ~おまけです♪~(2:54)
おまけ。

●出演声優様一覧

桃華れん
瑞希ましろ
山田じぇみ子
秋野かえで

イラスト:Mami様

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「さむ~い雪国で、大和撫子な妹がひたすら生真面目に愛し尽してくれる音声 ~お体温めますね、にいさま~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!一粒で四度おいしい

2017年12月25日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

三時間超えでコスパがとても良い。全体的には、思ったより淫語が多い印象。本番は無い。声優さんごとに演技のイメージも異なるので、その日の気分によって使い分けるのも良いと思う。

以下各声優さんのパートについて。
1:桃華れんさん
全体的なスピードは速め。そして思いつめた印象の演技ともあいまって、兄妹の枠を超えた愛の重さを存分に感じさせてくれる。
2:瑞希ましろさん
やや大人びた妹のイメージ。とはいえとても嬉しそうで、兄の世話をする妹の喜びが溢れ出てくる様だ。
3:山田じぇみこさん
4人の中では一番幼い妹のイメージになっている。かつ愛情も伝わってくる。ゆっくりと話しかけてくれるので、寝るときに聴くのはこのパートが一番かもしれない。
4:秋野かえでさん
個人的には一番のお気に入り。
演技にメリハリが効いており、(マイクの影響かは分からないが)すぐ側で妹の息遣いまで伝わってくるような仕上がりになっている。そして何故か、ものすごく立体的に聴こえる。

余談ではあるが、4人の演技を聞き比べて思ったのだが、声優さんの使用しているマイクの違いが、立体感やささやきの部分の印象の違いに出ているのかも知れない。
それと、商品ページの美麗なイラストを同梱してくれるとなお良かった。
とはいえ、同じ台本を4人の声優に読んでもらえるのは、ハーレムの中から好みのキャラを選ぶようで中々良いものであるのは間違いない。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]