({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2016年02月28日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
574.48MB

作品内容

------------------------------------------------

「帰ってきてしまった…。二度と帰らないと決めていたのに…」

主人公、鳳 勇一郎は地元の名家である鳳家の次期当主。
家出中の所を保護され、実家に舞い戻る事になった。

帰ってきた勇一郎を迎える、鳳の家族と家人達。

家政婦兼教育係の赤城 理沙(りさ)。
鳳家の当主代行かつ継母の鳳 貴美緒(きみお)。
貴美緒の娘で義姉の鳳 愛貴(あき)。

鉄の掟と呼ばれる鳳家独自の風習で、
家族ならびに家人は当主に絶対服従を強いられていた。

その中でも理沙は名家の生まれでありながら、
それらを捨て家出を敢行した勇一郎に興味深々。

「ところで坊ちゃまは未経験でしたか? 当家の家人のたしなみを」
そう言いスカートをたくし上げる理沙。
「家人は当主に性の奉仕をせよ…と」
「当家の掟の一つでございます」

掟は継母と義姉を巻き込み、
鳳家は白濁の液で侵食されていく。

この家は…あらゆる意味で狂っている…。

------------------------------------------------

この宿命からは逃れられない…。
名家の次期当主とそれを巡る家族・家人達が
繰り広げる精液まみれの帝王学!! 

解像度1600x1200の台詞付きCG全101ページ(基本16枚)に
擬音・台詞抜きCG103枚を収録。PDF版同梱。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「名家の性なる帝王学 ~当主たるもの勉学後のセックスは日常茶飯事~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 4件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

近親相姦(2) 中出し(2)
おすすめ!帝王学最高!

2017年02月06日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×0人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

当主の資質

2017年02月04日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

とある名家での話です。
その当主となる為に主人公は帝王学を学んでいます。
作品内では夜の性技のレッスンが描かれていました。
講師となるヒロイン達とのHが見れます。

当主に絶対服従を誓う狂った名家でした。
淫靡な世界観が広がる作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!あらゆる意味で狂った日常

2016年05月20日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

鉄の掟と呼ばれる鳳家独自の風習により、
家族ならびに家人は当主に絶対服従を強いられるという
空間でのインモラルストーリーです。
狂った日常というシチュエーションでのプレイが
とても良かったです。
オススメです!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ドロドロの肉体関係&グチャグチャの家族関係

2016年03月03日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

教育係は見た目こそ若い少女のようではありますが、余裕を持ち達観したような語り口が一枚上手の大人っぽさを感じさせます。
それが自ら望んで主人公に奉仕し、汁まみれに乱れ、男の精に汚される姿はデキる女をものにした優越感が得られます。

ホステスのような大人の色気漂う継母には逆らう事を許されず、嫌悪感を内に秘めながら、主人公は女体に奉仕を重ねます。
ただ、嫌なのは主人公視点での家庭環境と女の背景であって、こんな極上の肢体と交われるなら男として至福の以外の何物でもないでしょう。
半ば女王様じみた不遜な態度で主人公に命令し、従わせる関係がM向けとして良好に機能しています。

継母の面影が見える義姉は年齢こそ主人公より上ながらも、性的には不慣れな面が多い少女です。
上記の事情で結果的に経験豊富な主人公と比して後れを取る場面はあるものの、女の子としての可愛さに転じ、それがかえって嗜虐欲を刺激して激しいプレイを受け止める羽目になります。
江戸の敵を長崎で討つではありませんが、継母に虐げられた鬱憤の実質的な捌け口となりながらも不平を叫ばず、それが当然かのように姉の優しさで受け止める、安らぎの担当と言えるでしょう。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]