>    >  

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

●最新版
【ver1.2】
・一部のHシーンが閲覧できない現象を改善

【ver1.1】
・一部スキルの演出調整
・忍者から拷問を受ける際、キャラドットが正しく表示されていなかった点を修正
・ストーリー進行が正しく流れていなかった点を修正
・回想部屋にてHシーンが再生されない不具合を修正
・奥方にPRD:0で敗北するとHシーンに入らず戦闘が終わるバグ修正
・Hシーンにおける誤字の修正
・回想モードの搾乳拷問バトルで敗北するとCGが表示されたままになってしまうバグ修正
・Hシーンの発生条件がおかしかった点を修正
・回想部屋に模擬戦闘を設置
・ザコ敵にRES:0で負けた場合、まれに拷問バトルに移行できなかったバグ修正
・『強くてニューゲーム』を実装……ゲーム開始直後『強くてニューゲーム』を選択すると得点を『9999999』持っています
・『回想部屋専用のセーブデータ』を同梱

●ゲーム内容

 前向きで健気なくのいち・アヤメが拘束されたまま監禁・拷問・陵辱の限りを尽くされてしまうRPG!

●世界観・あらすじ

 団子屋の看板娘でもしていそうな普通の風貌の女の子・アヤメ。
 しかしてその正体は、屈強な男をも惑わしてしまう将来有望の『くのいち』であった。
 だが、まだ夜の仕込みを終えたばかりの新米であり、今回、初任務を受ける。
 内容は「最近怪しい動きを見せている城があるため、潜入し内情を探れ」とのこと。
 頑張り屋なアヤメは期待に応えようと張りきって敵城に潜入する。
 そこで行われている秘め事が、いずれ自分に襲い掛かるものだとも知らずに……。


●本作品の売り

【1】戦いながら犯される『立ち絵H』『敵からのエッチ攻撃』あり!

 複数の差分を用いてイベントCG以上のHシーンをリアルに表現。
 犯されて堕ちていく雰囲気がHP・MPゲージ(ゲーム内表記:RES・PRD)を通してリアルに表現されるため普段のHシーン以上にエロスです!
 ※攻撃を受けすぎると服が破けます
 ※"着衣"立ち絵H、"破れ"立ち絵H……両方あり!(着衣の場合、ふんどしをずらして無理やり……///)

【2】CG・Hシーン閲覧モード完備!(製品版のみ)

 道中見ていないCG・Hイベントがあっても"ゲーム全クリア"全て解放されます!
 毎度おなじみ『模擬実践』も完備、好きな敵と好きなだけ戦って犯られることができます。

 回想ルーム内でもアイテム購入可能。
 好きなだけステータスをいじって、満足いく自分だけの模擬戦闘を演出可能です!
 リセットアイテムもあるため調整は自由自在!
 Hパラメータ(中出し回数、クリ感度、射精された量、etc……)も併せて調整可能です。
 好みのキャラクター像を作って思う存分クリア特典を楽しめます!!

【3】プライドシステム(PRD)

 当サークル『闇鍋第一艦隊』ならではのシステム。
 MPの代わりに「PRD(プライド)」という概念を実装。
 敵のH攻撃で減っていき、0になるとゲームオーバーになります。
 力尽きたくのいちに襲い掛かる数々の陵辱劇をお楽しみください。

【4】★監禁シーン・拷問バトル

 前作『孤高の銃士ティナ』で大好評をいただいたシステム、今回もやります!
 拷問のバリエーションが前作よりも増え、くのいちがやられちゃう世界観をよりご堪能いただけます。
 HP(ゲーム内表記:RES)が0になると敵に捕まり、監禁されてしまいます。
 監禁中は行動が制限され、脱出に成功するまでHな拷問を受け続けることになります。
 力尽きてしまう前に急いで脱出しましょう!

【5】★画期的!★疑似アニメーション!

 今回は立ち絵H、拷問H時にアヤメのおっぱいが揺れたり、揉み揉みされてぐにゃんぐにゃん動きます!
 よりリアルになったHシーンを存分にお楽しみくださいっ。
 (鞭で叩かれてぷるんぷるん動きます! くのいちで拷問といえば三角木馬で鞭打ち!)

【6】★新システム★くのいちらしい新スキル『忍びの目』実装!

 マップをより楽しく探索するためのフィールドスキルです。
 使用するとアイテムや罠のある場所、仕掛けなどを見破ることができます。
 くのいちの技を駆使して探索をより楽しく、有利に進めていきましょう!
 ※本作は和物ということで、忍者の世界にふさわしい様々な仕掛けを用意しています。
  ステージギミックとして存分にお楽しみください!!

【7】★おすすめ!★より充実した回想部屋!

 あらかじめ無音の音声データを用意しております。
 ユーザー様にて同名のファイルに差し替えていただければ、拷問中にお好みの音声を流すことも可能です。
 詳細は後述してある『音声データの差し替えについて』をご参照ください。
 (【バックアップを取ってからの差し替え】を強く推奨しております)

 また、拷問バトルはターン数の指定やどれだけ長く責められるかなどをユーザー様に数値で指定していただくことも可能です。
 体力・精神力(ゲーム内表記:RES・PRD)も反映されるので、お好みの拷問シーンをお楽しみいただけます。



※注意
本作品はRPGツクールVXAceで製作されています。
RPGツクールVXAce用のRTPが必要です。
お手数ですが、下記の公式サイトからダウンロード・インストールを行ったのちゲームを起動してください。
http://tkool.jp/support/download/index

作品情報/動作環境

作品番号
RJ172384
ファイル名/ファイル容量
RJ172384.zip / 116.91MB (122592236Byte)

バージョンアップ情報

  • 2016年08月24日
    不具合修正
    【ver1.1 >> ver1.2】
    ・一部のHシーンが閲覧できない現象を改善
  • 2016年03月05日
    不具合修正内容追加
    ver1.1
    ・スキルの演出調整
    ・Hシーンの不具合修正
    ・回想部屋に模擬戦闘を設置
    ・『強くてニューゲーム』を実装

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「くのいちアヤメ ~若き肢体は被虐に縛られる~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

体験版から入りました

2017年06月05日  フローズン さん

このレビューは参考になった×0人

自分は体験版から始めて、購入しました。
罠は忍びの目を使わないと痛い目を見ることになります。

敵が多いので何度か戦うことでしょうが、十分に勝てる難易度です。
また製品版では初めから強い状態で進めることもできるので、RPGが面倒で苦手と思う人も安心です。

しかもクリアしてしまえば見逃したエロシーンも見られますので安心です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

元気で明るいくノ一が頑張るRPG

2017年04月13日  かんづめマン さん

このレビューは参考になった×0人

終盤を除いて本編自体は結構明るくコメディチックな感じです。アヤメちゃんはそんな物語の主人公な訳ですから前作とかと比べても元気いっぱいな明るい女の子って感じがよく出てます。
だからこそエロシーンは結構映えます。あんなに明るかった娘の目から生気が…みたいな。

戦闘は前作と比べると少し辛口、序盤は意識的なレベル上げがいるかも?
でもある程度ステータスが上がれば中〜終盤は楽にいけると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

揺れます。

2016年12月20日  GUN さん

このレビューは参考になった×0人

タイトル通りくのいちのアヤメが、お城の秘密を暴くために奮闘する短編のRPG。

戦闘エロはもちろんのこと、敗北エロの代わりに拷問バトルというのがあり、これもまた緊迫感があり、いい感じです。

そして何より、胸が動いて揺れます。ここ重要。戦闘エロでも拷問バトルでも揺れるため、おっぱいが好きなら買うことをオススメします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]