({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 TS-Xフォローする
販売日 2016年08月20日
シリーズ名TSモノADV
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
イベントコミックマーケット90
ジャンル
ファイル容量
103.8MB
動作環境
吉里吉里 KAG使用

作品内容

「今度、みんなで怪談をするの」
怖い話が好きな少女に誘われて七不思議の集まりへと参加した佐倉は
語り部達の世にも奇妙な体験談を聞くことになる。
その身に降りかかる、恐ろしい結末も知らずに……。

TS×ホラー モノ ノベルゲームです。(サ○ンドノベル風)
成り代わり、憑依、皮、など各TS要素の短編がホラーを交えて語られていきます。

そのほか詳しい情報は↓へ
http://etatsx.x.fc2.com/bookshelf/game/tsx28/main.html

七憑語の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「七憑語」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

ピックアップ

おすすめ!総合的なボリュームは期待以上

2016年08月23日  

このレビューは参考になった×5人

レビュアーが選んだジャンル :

まず、グロと書かれていますが、直接的なホラー、グロ描写はほぼありません。

血飛沫的な音声、色合いの演出はありますが、恐怖を煽る描写が苦手でも、TSネタを好む方にはおススメ出来ます。
※逆に、グロ描写やホラーを期待する方には、若干物足りないかも。

ひとつひとつのHシーンにおけるメリハリやボリューム、選択肢からのCG実装数に関してはもう少し頑張ってほしいと思いますが、全体として見ればコストパフォーマンスは秀逸。
TS好きな御仁が、幅広い属性のプレイヤーにウケるよう、かつ媚びすぎないよう、気を遣い制作されている印象で、好感が持てました。

わざわざこのレビューをご覧になっている貴方なら、何かしら琴線に触れるシーンがあると思います。

無かったらすいません(

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!短編集では終わらない憑依物語

2018年01月23日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

憑依、入れ替わりをテーマにしたノベルタイプのADV。各々が怪談話を持ち寄って披露する、という集いに誘われた主人公。実話か創作かわからない話を聞くうちに・・・・

話者は主人公を除いて6人、それぞれの話が章立てで進んでいく。タイトルからもわかる通り、話の内容は憑依物がメイン。各人の話は各章ごとに完結する形になっており、第1章から順に読み進める仕様で読み飛ばしはできない。また、話者が話に入る前に主人公に質問を投げかけてくる事があるが、これが後々の展開に影響する事もあるので、選択は慎重に。スチルは各章1~2枚程度で話の邪魔にならない程度に挿入されるので、小説好きの人ならノベルタイプ特有の感覚を存分に味わえだろう。それぞれの話は短編で、さくさくと読み進めることが出来る。
また、サークルさんの紹介文でもわかる通り、全体的にシリアスでダークな話が多い。性転換をして明るく楽しくえっちな生活を楽しむ話を期待すると肩透かしをくらうので、そちら方面の話が好きな人は要注意。逆にダークな小説が好きな人にはたまらないゲームである。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]