同人 > CRAFTWORK side.c > さよならを教えて 設定資料&原画集

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2016年01月09日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数74ページ
ジャンル
-

作品内容

知る人ぞ知る鬱ゲー「さよならを教えて」をよりディープに味わえる魅惑の一冊。最狂、最悪、最期の原画集をここに捧げます。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ169630
ファイル名/ファイル容量
RJ169630.zip / 64.12MB (67239910Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「さよならを教えて 設定資料&原画集」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 5件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

狂気(4) 鬱(3) 学校/学園(2) 少女(2)

おすすめ!原作ファンならば押さえておいて損のない品

2017年02月15日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

原作ゲーム『さよならを教えて』同様に、こちらも一時はプレミアがつきまくっていた本ですね。
原作ゲーム同様DLサイトで購入出来るようになって、本当に嬉しかったです。
中身は主に、長岡氏と石埜氏の解説、コメント等を作中のイラストや線画等と共に載せてありますね。
個人的には原作スタッフロールにも名前が載っている『上野公園にいたおじさん』と『五芒星』に関する話――。
あと、各キャラに対するとなえ先生の性格診断(心理テスト?)が面白かったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

とっても良かったです。

2016年04月07日  

このレビューは参考になった×1人

ゲームプレイ後、頭にいろいろな疑問が残った。ストーリーに関する疑問ではなく、なんでこんな作品を創ったのか、どういう発想で創り上げたのか、など制作陣に対する疑問。そんな疑問の数々を氷解させる解説本かと思いきや、実はそうでもなかったただの娯楽本。いやしかし、買ってよかった。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!見れてよかった

2016年02月03日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

伝説的作品の設定資料集。
ゲームに登場するキャラクター、世界観はもちろん、少女たちの骨格、臓物、陰毛、死に顔……絶妙なアンバランスさで綴られています。
この作品をプレイして気に入った方、もっと深淵を覗きたい方には是非お勧めです。
どうか気を確かに持ってくださいね。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ずっと欲しかった奇書

2016年01月21日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

イベント線画はほぼ網羅。
ゲーム中以外のイラスト(テレカなど)はあまり収録されていません。
元ネタ、キャラクター設定はこれでもかと曝け出されてファンにはたまらない。新たな読解の手引きとして必携の一作です。
陰毛の生え方や骨格肉付きにもキャラクター性を託しているなんて。
個人的には、目黒御幸ちゃんの体型を形容した「処女太り」が腑に落ちました。難しいお年頃ならではの体型設定。他の女の子たちもそれぞれに理由があっての容姿設定がされています。
ゲームをしただけではわからない情報がみっちり。これぞ設定資料。大満足です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!悪夢の先にある何か

2016年01月14日  

このレビューは参考になった×2人

狂気や悪夢を題材にしたゲームが何故か多くリリースされた時期がありました。本作は特に有名でしょう。改めて資料集が出るのは貴重です。(おそらく評価は完全に2分される作品でしょうが)ありきたりがうんざりの方知らない方向きです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]