({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年12月20日
シリーズ名俺の○○
作家 まばん
シナリオ まばん
イラスト まばん
声優 口谷亜夜
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
102.01MB

作品内容

口数が少なくて、大人しくて…クラスでも少し浮いている「ルリコ」。
そんな彼女に、なぜか惹かれた貴方がルリコに出したラブレター。
彼女は意外にも、超一途、超尽くすタイプで…。

綾○系美少女「ルリコ」と、素敵なラブ体験してみませんか?

キス~フェラチオ、淫語中心のラブストーリーです。
セックス・本番シーンはありません。

本サークルではあまり無い「淫語」成分多めのラブエロストーリーとなります。
もちろん当サークル常備のオカズトラックも健在です。
合計約1時間、エロエロあまあましてみませんか?



【内容】
scene.01 (03:14) 俺のルリコ(告白キスパート)
scene.02 (05:58) 尽くすタイプのルリコ(キス~フェラパート)
scene.03 (10:05) ルリコがシてくれる(フェラパートB)
scene.04 (08:16) もっとルリコがシてくれる(フェラパートC)
scene.05 (05:30) ルリコの「ながら」でラブコール(ながらフェラパート)
scene.06 (08:06) ルリコに淫語を言ってもらおう(オナサポ淫語パート)


おまけ
scene.EX01 (10:20) ルリコが延々シてくれる「ソフト」
scene.EX02 (10:34) ルリコが延々シてくれる「ハード」
(※セリフ無し、ただひたすらフェラ音オンリーのオカズトラックです。本編からの編集ではありません)



体験版:
scene.01 (03:14) 俺のルリコ(告白キスパートをそのまま収録)
scene.99 (01:52) 体験版ダイジェスト

出演 ルリコ役 …口谷亜夜さま

俺のルリコの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「俺のルリコ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

”俺の”ルリコ

2016年09月05日  

このレビューは参考になった×0人

恋人のために淫語を沢山喋ってオナサポ用音声を目の前で作成してくれる…  尽くすにも程があるだろ!?というシチュに興奮してしまいました。
まさに俺の、という名がついてもいいくらいのベタ惚れっぷりであり、短いながらもこちらからも愛着が沸いてしまうこと間違いなしです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

淡白だけど好意で溢れるフェラチオ音声

2016年01月12日  

このレビューは参考になった×0人

なんとか波さん系女子にひたすらお口でしてもらう音声です。
淡白で平然としていますが、終始言葉で好意を示してくれます。
その手のキャラクターが好きで、かつ好意的に奉仕してもらえるのが好きな方にはお勧めできると思います。

本編の中盤はいわゆるレロレロフェラですが、思った以上にレロレロしており緩急もついていて、ちょっとギャグっぽく聞こえるかもしれません。
しかしそこまでの彼女の言動から、多分この子は大真面目でやっているんだろうなぁと、愛おしくも感じました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]