({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年12月26日
シリーズ名エロカツ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
203.56MB

作品内容

【CG集】基本メインイラスト一枚をさまざまにアレンジ
差分にてストーリーを展開する(計44枚)

■内容■(一ページ目より)
僕、B太郎は、何の取り得もない極普通の●学生だ

唯一の自慢は、今をトキメクアイドル氷●スミレちゃんと
S学生の時、同級生でしかも席が一学期だけ、だが隣だったこと♪

自慢と言ったが…それだけだ…人に話す程でもない
付き合ってた訳でもないし、挨拶を交わす程度の会話…以外は
した記憶もない…

おそらく目立たなかった僕の事などス●レちゃんは
覚えてもいないだろう…

それでも僕には十分だった

スミレちゃんがスターラ●ト学園に入学してからずっと、
僕はファンクラブにも入り全身全霊でス●レちゃんを応援していた。

そんなある日…ス●ミレファンクラブ事務局からあるメールが届いた…

スターラ●ト学園公式認定メールで特に熱心なファン二十人に厳選して
送付したとあった…
それは、厳しい本人確認も行われるイベントへの招待状だった

勿論、僕は参加した…

そして、そこで僕は、とんでもないモノを見たのだった

エロカツFILE:02スミレの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「エロカツFILE:02スミレ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件