({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年12月25日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数108ページ
ジャンル
ファイル容量
5.81MB

作品内容

女の子が、オシッコを我慢しながら身悶えるストーリーです。
『オシッコのお漏らし』がテーマになっています。
卑劣な少年に脅迫され、トイレに行くたくても行かせてもらえない美少女が、人目を気にしながら、ひたすら排泄に耐え続けます。
排尿を禁止させられたまま、少年とデートと称して街の散策を命じられます。
我慢に我慢を重ねて、少年の目の前で排尿。羞恥の涙を流します。
作品文字数 46423字(本文のみ)
全編が『オシッコ』『我慢』『お漏らし』『羞恥』『排泄』『脅迫』『オムツ』のキーワードを元にストーリーが展開していきます。

縦書き用と横書き用の2パターンを同梱
製品版には、既刊小説全てのお試し版も同梱済み

登場人物紹介

本宮優美子(もとみや ゆみこ)

本作品ヒロインで、クラスで1番と噂される美少女。
明るく優しい性格で、クラスでの評判も上々。特に男子生徒の中には密かに恋心を抱く者も。
学校のクラブ活動では、バレー部に所属している。
そんな彼女がある日、いつもの電車に乗り遅れたばかりに……?



鷲田健史(わしだ たけし)

優美子のクラスメイトの男子学生。
長身でそこそこのマスクはしているが、人見知りが激しく地味な性格が災いして存在自体が希薄な少年。
本人も自覚しているが、卒業とともに記憶から抹消される確率1番というのが、クラスの総意になっている。
優美子とは幼い頃からの付き合いらしいが……

目次 解説付き

  • 第1章  偶然のお漏らし~偶然の快感
  • 学校からの帰宅中に停電が起こり、電車の中に閉じ込められた優美子。 帰宅ラッシュの乗客に揉まれながらも、彼女は次第に湧き上がってくる尿意に我慢できなくなり……
  • 第2章  脅迫~そして、放尿
  • オシッコを我慢して排尿することに快感を覚えた優美子だったが、その行為をクラスメイトの健史に知られることになる。 健史はそれをネタに優美子を脅迫し、彼女は校舎の屋上で……
  • 第3章  公園で放尿~覗かれる股間の雫
  • 放課後、健史に連れられて公園を訪れた優美子は、遊具広場で排尿することを求められる。 小さな公園の住人が見守る中、スカートを捲り上げてしゃがんだ優美子は……
  • 第4章  涙でにじむお手洗い
  • 昼休みから排尿を禁止させられた優美子は、健史に連れられて街を散策させられる。 オシッコを我慢させられる優美子。そんな時、健史は喫茶店に彼女を連れて行き……
  • 第5章  オムツへの排泄~アナタの見ている前で
  • 喫茶店での禁断の出来事が、優美子と健史を不思議な糸で結びつけていた。 恋人に変わった健史を悦ばせようとオムツを穿いて通学する優美子。 そして彼女は……
  • 第6章  飲尿……二人は臭~い仲
  • オムツを穿いたまま1日中過ごした優美子は、クラブ活動が終了するとともに健史を女子トイレへと誘う。 健史が見ている前で、オムツの中にオシッコを漏らした優美子は、それを脱がしてくれと健史に頼み……

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「お漏らしする女の子って、嫌いですか?」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

油断と偶然と必然

2016年10月28日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

話は主人公の少女が自身の油断からおしっこを我慢できない状態になってしまった事から始まります。
何とかその場は切り抜けられたものの、いけない誘惑に駆られて少しずつ深みに嵌っていってしまいます。挙句に、同級生の男子にバレてしまう訳ですが……という感じ。
文章は秀逸で、よくまとまっています。おもらし好きなら読んでみる価値アリです!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]