同人 > 妄想界の住人は生きている。 > 人間便器志願少女 > 人間便器志願少女・愛田加奈1●歳~公衆便所遊戯~第1話

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

加奈は見知らぬ男達に公衆便所で犯され食糞便器にされていた。
マ●コもケツ穴も好きなようにハメられ、小便を飲まされ、口に脱糞される。

それは加奈が見ている夢だった。

「便器調教編」でお兄ちゃんの便器になれた加奈には「公衆便所で便器になる」という
もう一つの願望があった。

美少女●学生が食糞便器になる「人間便器志願少女」シリーズ第三弾!

漫画16ページ。扉絵、あとがき絵1枚ずつ。
おまけとして、台詞と描き文字を抜いたもの、そこから汁描写を抜いたもの。
着色前のモノクロ版も収録。

850×1200ピクセル。
全76ページ。

夢の中だから二本刺しだってされちゃう!

加奈ちゃんの夢の中での乱交プレイ。夢の中だから一斉に小便かけられたり、大量のウンコに…したり、アナルを…されたりだってしちゃいます!

作品情報/動作環境

作品番号
RJ166524
ファイル名/ファイル容量
RJ166524.zip / 66.4MB (69629813Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

人間便器志願少女・愛田加奈1●歳~公衆便所遊戯~第1話の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「人間便器志願少女・愛田加奈1●歳~公衆便所遊戯~第1話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

スカトロ(2)

変態少女のひそかな悩み

2017年09月01日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

食糞というアブノーマルな性癖を抱えた女の子が、不特定多数の男性から文字通りの『便器』として使われる夢を見る、という作品です。
それは偽らざる少女の願望。男の人に便器にされたいという願いが夢に現れたもの。
しかし、彼女には既に主従関係を結んだ恋人がいます。
多人数に汚されたい。でも恋人との甘い主従関係ももちろん大切。
その自分の変態願望と恋人としての愛情、主従関係としての忠誠心、いろんなものがまぜこぜとなってる感じです。
こちらのサークルさんは今まで女の子は生き生きと楽し気に変態プレイに及ぶ作品が多かったので新しいアプローチだと感じました。
続きが出るのであれば楽しみですね。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!妄想は止まらない

2016年01月06日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

人間便器志願少女・愛田加奈1●歳~公衆便所遊戯~第0話の続編です。
相変わらず、内容はハードでスカトロを含むハードプレイがさらにハードになっています。
今回は夢落ちですが、プレイ内容は何時もの様にハードな物で、その手の趣味のある人にはお薦めの作品です。
値段も安く、お手頃価格ですので、前作を購入した人も、初めて購入する人も楽しめる内容になっています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]