({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年10月30日
シリーズ名吸精鬼
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
65.87MB

作品内容

男の精液と射精時ホルモンを糧とする妖女。
一度魅入られたら最後、後戻りできない快楽へと堕ちていく…

○あらすじ
 廃墟で出会った女は、自宅の寝室に妻の顔をして現れた。
 今まで味わったことのない快楽を見せてあげると、寝ている妻の横で俺を誘う。

 魅入られてしまったら最後。
 男の精液を搾取し実体化する目的のために、妖女は手段を選ばない。

 大事な商談へ向かう途中にも、体に刻みつけられた快楽が頭を離れない。
 子供の誕生日という大切な日にも、女はするりと現れてセックスに誘う。
 すべてを捨てて絶頂に溺れろと耳元で囁く。命令する。

 大きなものを犠牲にするほど高まる快楽。
 次第に崩れ始める平穏な日常。

 精を得るたびに妖女は力を増大させ、ついに実体を持ち始め…

 逆レイプ・M男向け漫画、全45ページ。
 女性上位、男性受けのシチュエーションとなります。
 jpegとpdfファイルを同梱しています。

内容紹介

吸精鬼 ~男を快楽ジャンキーに堕とす妖女~ [ダークサイド]

《1》妻の顔をした悪魔が、すべてを捨てて絶頂に溺れろと耳元で囁く。命令する。

吸精鬼 ~男を快楽ジャンキーに堕とす妖女~ [ダークサイド]

《2》妻に対する背徳、裏切り。それと引き替えに得られる強烈な快楽。

吸精鬼 ~男を快楽ジャンキーに堕とす妖女~ [ダークサイド]

《3》人知を越えた快楽を知り、俺の日常は狂い始める…

吸精鬼 ~男を快楽ジャンキーに堕とす妖女~ [ダークサイド]

《4》精を得るたびに妖女は力を増大させ、ついに実体を持ち始め…
(あえてモザイクにしてあります)

吸精鬼 ~男を快楽ジャンキーに堕とす妖女~の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「吸精鬼 ~男を快楽ジャンキーに堕とす妖女~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

妖女の誘惑

2015年11月04日  

このレビューは参考になった×1人

誘惑&吸精ものが好きだったので購入しました。

旅先で男が妖女に取り憑かれ、段々とその肢体にハマり抜け出せなるといったお話です。一貫して男性受けの逆転なしで、誘惑シチュが織り交ぜられている点が素晴らしかったです。
ページ数が45ページとなかなかボリュームがありますので、ストーリーをしっかり楽しみたい人にオススメです。
シーンは本番中心の誘惑がメインですが、Hシーンを細かに描写するというよりかは、深みにハマっていく過程の描写に焦点が置かれているのでご了承下さい。
個人的には本番行為での吸精がストライクなので、Hシーンの幅はあまり気にはなりませんでした。欲を言えばもう少し尺を増やしてストーリーやHシーンに丁寧な描写があれば、もっと魅力的な作品になったと思います。
絵柄は独特ですが、妖女の紫色の肌と相まって怪しい魅力を感じます。気になる方はサンプルを吟味して下さい。
作品内容は誘惑&吸精ものという、ニッチなジャンルですがしっかりと芯を通した中身になっております。今後の作品にも期待が持てますね。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]