同人 > 恋夢 > 囁き搾精 > 死の世界とひとりぼっちの雪女

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

※予告編で出していた際の体験版より若干音量をいじりました。
お手数おかけして申し訳ありませんが、軽くご確認いただけますと幸いです。
(特に後ろのほうの囁き耳舐め部分)

~あらすじ~
雪山で猛吹雪にあって遭難してしまった貴方。
深く積もった雪に足を取られながらも進み、もうダメかと思ったその時…
視界を遮る吹雪の隙間に、一件の避難小屋が目に入ってきます。
すがる思いで小屋までたどり着くとその中には…軽く凍りついた内装と、ぽつんと一人の女性が…
そこで力尽き、倒れた貴方に女性は寄り添ってきて、貴方を介抱してくれます。

「私は、人間でいうところの雪女…私には、貴方を暖める力はありません…でも…」

重度の低体温症と凍傷に晒された貴方を、彼女は独自の方法で癒そうとして…。

~シチュエーション&トラックリスト~
瀕死の身体を雪女の【雪那】に癒してもらいます。
ほっぺ、くちびる、みみ、ゆび、ちくび、わき、おなか、あし…
身体の上を滑っていく舌には徐々に熱がこもっていって…
献身的な舌愛撫を余すところなくご堪能ください。

1.雪山で遭難→猛吹雪の中、避難小屋を発見(3:38)
2.雪女の上半身リップ ~腹舐め→乳首舐め~(10:24)
3.雪女の上半身リップ ~首舐め→脇舐め→指舐め→耳舐め~(16:52)
4.雪女の下半身リップ ~足舐め→肉棒舐め~(13:06)
5.雪女の下半身リップ ~尻舐め→玉舐め→フェラ&手コキ~(13:23)
6.雪女のぴったり抱きつき69パイズリとクンニ(10:52)
7.雪女のぴったり抱きつき騎乗位 ~ディープキス&耳舐め移動~(14:26)
8.恋人のように抱きつかれながら…(9:14)

※()内の数字は各トラックの再生時間を表しております。

~同梱物について~
最初から最後まで通しの音声と、シーン毎に分けたバラ音声、それぞれのSEなしバージョンをご用意しております。
ご自身の趣向に合わせてご自由にお使いください。
それとは別に耳舐めやちゅぱ音のみで繋げたおまけ音声も同梱。
パッケージイラストを3種類の解像度で、さらにラフも同梱! おまけとしてお楽しみください。
また、全てのセリフを確認できるように台本テキストも一緒に入れております。

※注意事項※
本作はM向けボイスドラマとなります。
エッチなイジワルをされたり、弄ばれるのが趣味でない方はご遠慮ください。
(ごく一部ですが、聞き手側からも女の子にイタズラする場面もございます)

今回は焦らされ要素が少し強めです。
ゆったりとした展開が苦手な方はご注意ください。

場面により相手が近くなったり遠くなったり感じるような編集をしております。
特に囁き、耳舐めの部分はリアリティを持たせるためかなり接近します。
細心の注意を払っておりますが、念のため音量にご注意ください。

イヤホンやヘッドホンで聞いていただき、物語に没頭することを想定して作っておりますので、
絶対に誰にも見られない環境でお聞きください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■本編合計収録時間■
約1時間31分+おまけ音声 

■声の出演■
暁鞠子 様
( http://mrk.bakufu.org/ )

■パッケージイラスト■
「柊空」 様
( http://www.pixiv.net/member.php?id=9246652 )
 
■企画・シナリオ・編集・ロゴ他■
ラーリ
( http://lovedream1199.blog.fc2.com/ )
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

作品情報/動作環境

作品番号
RJ165425
ファイル名/ファイル容量
RJ165425.zip / 841.06MB

死の世界とひとりぼっちの雪女の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「死の世界とひとりぼっちの雪女」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 7件

願っていた魔法の時間

2016年01月09日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

死の間際、全身を舐められていくうちに、
もっと、もっと近くで彼女の温もりを感じたくなった。

そのまま彼女の温もりを触れるにつれて、彼女への愛おしさが増していく。
多分触れることを恐れていた彼女にとって、
魔法の時間はかけがえのないもの。
たった一人、死の世界で生きることしか知らなかった彼女は、
偶然の出会いから人の温かさに引かれ、
どれほど人になりたいと願っていたのだろう・・。
だからこそ、触れることのできる一瞬に多くの感情が込められているのだろうな。

ひとりでいる彼女は優しい・・、だからこそ切ないな・・( ;∀;)

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

切ない・・

2016年01月04日  

このレビューは参考になった×1人

全て聞いていえることは切ないってことです・・
周りに迷惑を掛けないために小屋に閉じこもった・・それなのに・・
自分の定めで主人公がだんだんと弱っていっている。でも最後に瞬間まで一緒にいようとする感じが聞いていて泣けてきます

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!最も冷たく、そして温かい場所

2015年12月29日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

雪山にて瀕死の状態で出会った雪女という、言葉を聞いただけでは本当に冷たさしか感じないシチュエーションです。
しかし、冷やすことしかできないはずの雪女は、誰よりも温かい心の持ち主でした。

今日会ったばかりの雪女がなぜここまで尽くしてくれるのか。
聞き手と雪女それぞれが短い時間に得たものとは。
二人は必要としていた救いを感じながら過ぎゆく時間を送ります。


実は、暁さんの声を聞くのはこの作品が初めてでした。
落ち着きと甘さを感じさせる声もシナリオにひきこまれる助けとなっています。
体験版を少し聞いて即購入しましたが、大正解でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!献身的に温かみを与えてくれる

2015年11月23日  

このレビューは参考になった×1人

雪女ではあるけれど人を襲うのではなく精神的にでも救おうとしてくれるお話です。
ジャンルとしては人外、モンスターの部類に入る雪女ですが外見的特長は人と変わりなく、割とすんなり想像しやすいと思います。
ゆっくりと全身を舐める形でのプレイが主体となりますが、
中の人の声質や演技が本当に温かみがあるので実にマッチしています。
主人公の反応に一喜一憂する雪女が実に良い・・・。
サンプルで確認して良いと思うならば迷わずオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!優しい雪女

2015年11月23日  

このレビューは参考になった×1人

雪那はれっきとした雪女ですが
非情さや冷酷さは全くありません
むしろ雪山で遭難した登山者を懸命に温めようとするなど
とても優しい雪女です

雪那に温められている間は
命の危機が迫っていることを忘れそうなくらいに
仲睦まじく過ごせます

冷たい体の雪女に温められるという
一風変わったシチュエーションに興味が湧いた方は
是非購入を検討してみてください

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!分かっていてもほろっときます

2015年11月19日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

オチはおそらくタイトルからもある程度の予測はしてしまえる人が多いのではないでしょうか。
そしてそれが分かっていても思わずほろっときてしまうような結末です。
小屋に迷い込んだあなたと、そこに現れた雪女。
瀕死のあなたを雪女は介抱しようと雪女の取った行動は全身リップから始まり、最後にはエッチまで…。
最後、雪女の口から語られる内容と合わせて最後はほろっとするのではないでしょうか。
因みにこのCvの暁さんは初めて聴かせていただいたのですが、雪女の冷たさ、けれどそれは冷淡というわけではないというのを表現されていたように思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]