同人 > 加藤鈴木 > 僕と◯◯のお母さん > 僕とお母さん 夏休み、7月28日、午後

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

僕とお母さんは、大勢の地域のお母さんとその息子達からなる、サークルに入会している。
そのサークルに名称は無く、主な活動内容は・・・。

『サークル内のお母さん、息子たちは自由にセックスを楽しむこと。』

僕が入会したきかっけは、僕の携帯に届いた一通の誤送信メールだった。
そこには、僕のクラスメイトとセックスを楽しむ動画が添付されていて、僕はそれを見てしまった・・・。
翌日、学校に行くと、サークルにに入会しないかと誘われ、僕は入会した。

そして今日の午前、茂森さんと自分の部屋でセックスをしていた僕は、彼女から僕のお母さん、高橋莉緒子がこのサークルに入会したきっかけが、サークルの創設者らによる凌辱だったと教えられる。

茂森さんとの性行為を終えた僕は、一階の居間に向かった。
そこには、畳に横になり昼寝をしているお母さんの姿があった・・・。

おまけとして、高橋友和の母親、高橋莉緒子がサークルに入会せざるを得ないきっかけとなった、サークル創設者の男子三人組に凌辱されてしまうお話を付けました。
褐色の母親・莉緒子の肌がまだ白い頃のお話です。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ164958
ファイル名/ファイル容量
RJ164958.zip / 456.93MB (479125824Byte)

僕とお母さん 夏休み、7月28日、午後の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「僕とお母さん 夏休み、7月28日、午後」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件