同人 > フリークスタジオ > 地球の男は、全て我々のモノ。2

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

他星の男の精子を取り込む事で繁栄する、女しか存在しない異星人。プリミア星人。
一度狙いを定めたら、その種が滅ぶまで精子を奪いつくす。

同種のメスからオスを奪い、虜にするためだけにのみ進化し続けた
魔性の膣を武器に、
地球の男達にマ○コをあてがい、膣内射精させ、記憶させ、病み付きにさせることで、地球の女達から男を奪う。
邪魔な地球の女は、地球女家畜化法を成立させることで家畜化。
一歩ずつ。一歩ずつ着実に進んでいく地球侵略。

だがしかし。その誘惑にも負けず、何とか逃げ隠れながら、
連れて行かれた妻や恋人を探す勇敢なレジスタンスの男達がいた。

そしてついに。待望の。
女達が連れて行かれた収容所を発見したという連絡が入る。

急ぎ援軍に向かう男達。

しかし・・それが・・・罠とも知らず・・・。

前作未読でも楽しめます。
全51P
前作紹介用1P
差分6P
フルカラー漫画 jpg,pdf同梱

追加サンプル画像

プリミア星人の罠にハマるレジスタンス達!

作品情報/動作環境

作品番号
RJ163095
ファイル名/ファイル容量
RJ163095.zip / 112.19MB (117638181Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「地球の男は、全て我々のモノ。2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

退廃/背徳/インモラル(3) 逆レイプ(3) 色仕掛け(2)

女性に支配された世界

2016年12月22日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

今作は地球を支配したプリミア星人に抵抗する人々の話です

前作は異星人侵略映画に近い作風でしたが
今作は某世紀末の世界に近い作風と言えば伝わるでしょうか?

今作は妻を捕らえられた男達がターゲットという事で
逆寝取られの色が濃く、このシチュエーションが好きな人は
まず間違いなく満足出来ると思います

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

M作品は絵ではない

2016年01月06日  

このレビューは参考になった×0人

M作品にも色々ありますが、色仕掛けというジャンルの中ではこの作品は正に王道だと思います。

絵柄は見る人を選んでしまうと思いますが、設定や魅せ方は目を見張るものがあり絶望感やMならではの歓喜が上手く描写されています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!慈悲は無い!絶望の快楽支配

2015年09月27日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

女性しかいない人間型の異星人「プリミア星人」の地球侵略を描いた作品第二章。侵略といっても武力によるものではなく、友好を謳ってやって来て、その類まれなる美貌と魅惑的な肢体を駆使した篭絡によるものです。地球人の男は骨抜きになり、女は家畜扱いで捕縛され「産む機械」として扱われます。しかし、いくらプリミア星人が魅力的だといっても、愛する女性が収容所に連れて行かれて納得できる男がいるでしょうか。今回のお話はそんな男たちによるレジスタンス活動が描かれています。

いやぁ、二作目も期待を裏切りません。
相変わらず作画は風変わりで狂気を孕んでいますが、要所でのプリミア星人の決定的な誘惑の一枚絵などは強烈ないやらしさを植えつけてきます。抗えないほどの性的な快楽を与えるプリミア星人の前では、愛や倫理、志などというものは無意味に等しいのです。一切の救いがないというのがたまらないですね。繁栄を極めたであろう地球人に突如訪れた背徳と絶望の世界。最高!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]