({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 三歩屋フォローする
販売日 2015年08月29日
最終更新日2015年09月14日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
83MB

作品内容

※最新バージョンは1.32です。
1.0には進行に関わるバグが含まれておりました。
お手数ですが再ダウンロードをお願い致します。
ご不便とご迷惑をおかけしてしまい誠に申し訳ございません。
----------------------------------------------------------------------------------------

●あらすじ
主人公のマリィは孤児院育ちの清純な女の子。
病気の院長先生のために薬の材料を集めることになりました。
魔物や男達の魔の手に堕ちずに、無事に材料を集められるでしょうか。
そして健康なマリィに謎の白い薬を飲ませようとする薬屋の思惑は一体……?

●内容
薬の材料収集が目的のゲームです。自分でダンジョンに採りに行くか、
街で稼いだお金や身体でハンターを雇うことでゲームが進行していきます。
常時ダッシュ、メッセージスキップ、雑魚戦の逃走成功率100%など、
遊びやすいつくりを心がけました。

●Hシーン
シーン数19。
立ち絵を含まない基本CG枚数19、差分枚数119。
シーン回想部屋あり。ドットHのプチイベントも回想可能です。

※本作品の起動にはRPGツクールVXAce用のRTPが必要です。
http://tkool.jp/support/download/rpgvxace/rtp

作品情報/動作環境

CPU
IntelR PentiumR4 2.0GHz相当以上
メモリ
512MB以上

バージョンアップ情報

  • 2015年09月14日
    内容追加
    ver1.32 場所移動後と戦闘開始直前にオートセーブする機能を追加しました
  • 2015年09月07日
    不具合修正内容追加
    ver1.31 バグの修正と回想部屋の機能追加をしました
  • 2015年09月06日
    内容追加
    ver1.3 ゲームクリア後に回想を全解放できる選択肢などを追加しました
  • 2015年09月04日
    内容追加
    ver1.2 拠点への帰還アイテムと 拠点から街の各施設に移動する手段などを追加しました
  • 2015年09月01日
    不具合修正
    ver1.13 バグを修正しました

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「甘い薬とマリィの秘密 ver1.33」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

ピックアップ

おすすめ!初心?な少女の秘密を追って

2015年10月24日  

このレビューは参考になった×7人

病気の先生を助ける為、街に繰り出し珍しい薬を手に入れる為にヒロインが奔走するHRPG作品。

目的は同じながらも攻略法は自由自在、という点がこの作品のウリであり、RPGらしく戦ってヒロインを強化して自ら収集するもよし、逆にボスに負けて犯されても目的の素材が手に入る為に魔物とHに絡み合ってもよし、お金を溜めて冒険者を雇って集めてもらってもよし、お金を貯める為に売春してもよし、むしろ冒険者に直接身体で払ってもよしと、短編ながらも非常に自由度の高い進め方が出来るのが面白いですね。
初心で清純そうなヒロインを処女プレイで綺麗なままクリアを目指すのか、むしろぐっちょんぐっちょんに犯されまくって淫乱に仕立てあげるのか、その方法すらもプレイヤーの手に定められているという点が、この作品の醍醐味とも言えるでしょう。

上記のような自由度の高いプレイスタイルを支えるのが、詳細に作られたヒロインのステータス設定であり、経験に応じて増えていく淫乱度、それに伴い増えていくHな選択肢と、衣装の数々、Hシーンで変化していく反応と、ただ自由度が高いだけではなく、それに応じて細かいながらも様々な点が変化していくのは見ていて面白いシステムと言えるでしょう。

Hシーンのシチュに関してもバリエーション豊かで、主に冒険中に魔物に敗北する事で見られる異種姦や、町中でアルバイトをする際に起こるHなハプニング、雇われ冒険者との身体を使った交渉、娼館での売春などなど、HRPGらしいシーンはきちんと揃っているのも魅力的ですね。

サークル処女作とは思えぬクオリティと綿密さが素晴らしいHRPG作品。
可愛らしいヒロインのデザインや、独特なシステムに惹かれた方は是非。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

可愛らしい女の子主人公が魅力

2018年07月18日  

このレビューは参考になった×0人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

※エンディングや設定について少しだけ触れているので注意

2017年07月22日  

このレビューは参考になった×0人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!プレイヤーに配慮した親切設計

2017年02月11日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

昨今ではこれでもかというほどに増えている同人RPGゲーム。
その中でも本作は、ユーザーに対する親切な設計が嬉しい作品でした。

多くの同人RPGは、Hイベントを探すため虱潰しにNPCに話しかける必要があったり、片っ端から敵には一度敗北してみたり、これが意外と面倒臭いもの。
しかし本作は、NPCは話しかけたことがあるかどうか、Hイベントが起こるかどうか、一目で分かる仕様。
敗北イベントが起こる敵かどうかも、明確に分かりやすくなっています。
これが本当に楽で、ありがたかった。
他サークルさんの同人RPG系ゲームも、これくらい分かりやすい仕様になればいいのになー、と思うほどです。

ヒロインも非常に可愛く、イラストで気に入ったら購入して損はないレベルかと。
充分にオススメできる作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

気遣いのあるシステム面

2017年01月21日  

このレビューは参考になった×1人

まだ話していない人や話す内容が変わっている人は頭上にアイコンが表示される、フィールドで取得可能アイテムはすべて光っていて無駄にボタン連打で何もないところを調べる必要はない、といった具合に無駄になりがちな作業を冗長にならないようにしてあるのが好印象です。プレイヤーへの気遣いが感じられますね。文章のみの差分ですがエンディングは8種あり、処女非処女・淫乱度・素材の品質等の要素で変わります。目的の素材取得も敵を倒す・負けて犯される・ハンターに依頼するの何れかで達成でき、ボス全敗北でも素材は集まります。全敵を自力撃破するもよしハンターに丸投げするもよし、処女を貫くもよし淫乱を極めるもよしで何周も楽しめました。引き継ぎ可能なので2週目以降はサクサク進めます。というか1周目で処女プレイはハードル高すぎるので周回前提です。

不満点としてはver1.33でも動作が若干不安定でたまにツクールが強制終了してしまう事がある点ですね。自分のパソコンが古いのも原因の一端かもしれませんが、他のツクール作品では起こらないし、不安定なのは確かだと思います。これは改善して欲しいですね。

全体的に良い作品だったので、次回作にも期待したいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

自由度高いRPG

2016年04月10日  

このレビューは参考になった×1人

ゲーム部分は目的のアイテムを作製するために素材集めに走る探索型RPGです。目的への道が複数あり、様々な方法で素材収集が出来るので何度も楽しめる作品です。

エロ部分は対人と異種姦がバランスよく詰まっている印象を受けました。経験回数によって主人公が淫乱に変わっていくのもこのゲームの醍醐味です。

完成度が高いRPGだと思います。オススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]