同人 > イナフミン > イナフミンの『ヒトヅマカリ』 > ヒトヅマカリ堕 空白の三ヶ月、執拗な子宮口拡張 難病のわが子の治療費のため極太の肉棒を受け入れ続ける妻

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

本文60ページ

人妻寝取られ

空白の三ヶ月、執拗な子宮口拡張
帰国時に突きつけられた最後の条件、夫の選ぶ答えは…


人妻ミサキは難病の我が子の治療費援助の代償に、資産家藤ノ宮にその体を貸し渡す。
その間、夫は子供と共に治療のためA国に渡る。
定期的に届く妻ミサキの凌辱映像、夫はやり場のない気持ちとともに激しく自慰にふける。(ヒトヅマカリ)

そして数ヶ月が過ぎ、ミサキは子宮口を開発され、こじ開けられ、貫かれる。(続ヒトヅマカリ)

限界を迎えたミサキの些細な抵抗、それ以来三ヶ月間届かない凌辱映像。
一年間の凌辱生活の末ミサキは…
帰国時に突きつけられた最後の条件、夫の選ぶ答えは…

今回で本編は完結です。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ161710
ファイル名/ファイル容量
RJ161710.zip / 37.33MB (39140494Byte)

ヒトヅマカリ堕 空白の三ヶ月、執拗な子宮口拡張 難病のわが子の治療費のため極太の肉棒を受け入れ続ける妻の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ヒトヅマカリ堕 空白の三ヶ月、執拗な子宮口拡張 難病のわが子の治療費のため極太の肉棒を受け入れ続ける妻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

道具/異物(2) 人妻(2)

おすすめ!人妻調教ものの白眉

2015年11月26日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

世の中には手軽な寝取られ作品が割とあって。
酒の勢いで、脅されて、薬を使われて、などなど。
そこから発展して、あっさりと快楽に負けて、堕ちてしまう。
誰にでも股を開く女になって、輪姦を望む。

別に、それはいいのである。
言うなればファーストフードと同じであって、これはこれでいい。

しかし、たまにはしっかりとしたものが読みたい。
何を使ったところで結果は同じなんだけど、気持ちは違う。
充実感が違う。
普段は発泡酒だけど、ためには良いビールを飲みたい。
これがビールである。

この作品の一番いいところは、この大富豪のこだわりである。
大富豪というのは寝取り男のことである。
この男は若い頃に散々遊びつくした結果、エッチなことに飽きてしまった。
そこで寝取りの魅力に目覚めたのだが、そんじょそこらの女を堕としても満足できないのだという。
そこで、金にも権力にも外見にもなびかない女。
夫と子どもを愛し、家庭を守る貞淑な妻というものを探し続けていたのだ。

難病の子ども、というファクターは不謹慎といえば不謹慎なのだが。
この条件を設定する上ではベストなものだと言わざるを得ない。
どうでもいい動機で抱かれるのであれば、それは貞淑ではない。
読んでいるこちらとしても、自業自得に思えてしまう。
それではいけないわけである。

いかに堕とすか、ではない。いかに堕ちない女を探すか。ここなのである。
実際、作中でヒロインたる人妻は気丈に振舞っている。
それは暴力的な言葉を使うだとか、歯向かって見せるということではない。
大金を借りているのだから、反抗するのはおかしい。
従いはするけれど、夫の妻であることを辞めない。
体だけが快楽を受け入れていく。
言葉にすれば簡単なものを非常に丹念に描いている。

今作はシリーズ最終だが、これまでの過程を結実させる。
納得の一本だった。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

人妻を完ぺきにおとす

2015年09月21日  

このレビューは参考になった×0人

第一作から拝見しています。
純情可憐な妻が執拗にいたぶられ、おとしめられます。最後は、逝った状態で、べろちゅーを受けいれるのですが、このカットだけでも、なんともえろいこと、えろいこと。
今回は、三部作の集大成、どこまでおちてしまったのか、ぜひ、みなさんも見つめてほしいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!人妻モノの傑作

2015年09月12日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

イナフミンさんのヒトヅマカリシリーズの3作目です。
シリーズ3作目、ストーリーとしては完結部分です。
登場人物の心理描写を細かに描いてきた本シリーズ、
一作目は機械姦、二作目はしつこいくらい長い射精、
とこだわりのマニアックなシチュエーションを見せてくれましたが、
本作は打って変わってひたすらに本番行為。
勿論登場人物のやりとりも今まで以上にねちっこく、卑猥です。
富豪の狡猾なやり口、それを必死に抵抗するミサキさん。
本作のミサキさんも熟れに熟れた肉体とあどけない顔立ちの表情を豊かに変化させ、これでもかというくらいに人妻の魅力を見せつけてくれます。
なれるものなら鷺ノ宮になりたいとまで思える素晴らしさ。
ミサキさん、めちゃくちゃかわいいです。
最初から最後までたっぷり楽しめる本作、超おすすめです!

紙媒体の本の時よりも大きなサイズで本へのダメージも気にせず読めるので、本を持っている方にも間違いなくお勧めできます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]