({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年08月18日
シリーズ名ネバーランドでつかまえて
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
14.55MB

作品内容

「少年時代をもう一度」をコンセプトに開発された国産VR(バーチャルリアル)MMO『Neverlandオンライン』。
そのプログラムを奪おうとして捕まった雇われハッカーの主人公は、女の子PC「黒川あゆり」として
運営の内部サポートをさせられる目に遭ってしまう。

ネカマ主人公が送るスローライフネトゲコメディ第四巻。

総ページ数52P(本文48P)

ネバーランドでつかまえて4の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ネバーランドでつかまえて4」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 4件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

少女(2) 少年(2)

浄化される・・・

2017年12月22日  

このレビューは参考になった×0人

ネカマ好きな俺らおまいらに捧ぐNLシリーズ第4弾・・・
今回は・・・年を重ねた人ほど浄化される内容だと思います・・・ネカマ関係ないけど・・・
さて、今回はSAS●KE、マネージャーちゃんの女の子プロデュースや女性?陣のアイドル化などまたまた面白にやにやが満載の内容となっています。
hshs(女の子とは言っていない

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ベタですが日常系という分類でいいと思う

2016年07月03日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

成年作品ではなく一般作品。
つまりエロス要素は無し。
主人公は男ですが、作品世界であるところのネットゲーム内では女性キャラを(一応)演じています。

続き作品なんで「1」から読んだほうが良いと思います。

この「4」ではS○SUKE・TRPGなど。
合間の小ネタが良い。
この作者は商業誌で日常系の連載やれるレベルだと思う。

このシリーズについてはエロスは皆無なんでそれ目当ての人は買うべきでは無いですよ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

シリーズ四作品目

2015年08月25日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

VRネットゲームの運営を手伝わされる主人公がゲームの仕様や周りのPLに振り回されながらなんだかんだネカマを楽しんでいる作品シリーズ第四作品目にあたる今回は、新しくレギュラー的ポジションの子が増えます。最初は嫌々だったのが、段々楽しくなってきて今では興味しんしん、そして元の性格も相まって素で姫っぽい感じになってます。読んでてたまに思うのがこの可愛い子たちも男なんだよなぁ・・・という現実、うーんこの。ですが作品そのものは変わらず楽しめるので次回作に期待したいと思います

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

視点はメタに

2015年08月24日  

このレビューは参考になった×2人

ついに第4弾です。でも設定さえ抑えておけばどの巻からでも入れる安心設計。
プレイヤーがいてPCがいてというオンラインゲーム内ならではのなかなか複雑なシチュエーションだけど、キャラ視点でプレイヤーの趣味趣向を語れてしまうのがいい。
今回の話では「好きなシチュエーションを語ろう!」というエロゲにありがちな設定の中で琴線に触れるものが出てきたりします。ゲーマーなら「あー、あるある」とにやりとできるものが。
他にもゲーム内でTRPGとかアイ●スもどきとかひたすらメタな道を歩む。鬼ごっこ中にエフェクトとか使ってみたい。
と、今回もにやにやたっぷりでした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]